NEW

女性医師の生涯未婚率35.9%、休職の主要因は自分の病気…女性医師を破壊する医療現場の闇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 東京医科大学における事実上の女子学生への一律減点が発覚したことで、女性医師の労働環境をめぐる問題がクローズアップされている。そこで前回記事『1点につき100万円、合格は寄付金次第…医学部入試、裏口入学と男女比調整が常態化の理由』に引き続き、美容外科医でハイクラス家庭教師MEDUCATEを運営する細井龍氏に話を聞いた。

――東京医大が行った女子受験生に対する一律減点については、女性医師の退職が理由に挙げられています。2015年の統計でOECD加盟国の女性医師割合は平均45%で、日本は20%弱でした。この差は何が原因だと考えられますか。

細井 日本は変化を好まない保守的な国なので、男女平等を謳いつつも、政界や経営者は男性が多くを占めているのが現状です。日本はかつて鎖国をしていた国でもありますから、新しいものを取り入れるのが苦手な国とも捉えられると思います。

 医師の場合、とくに50代以上の方々は、昭和の考え方の持ち主が多く、柔軟とはいえない場合も多いです。自分の利権や立場に固執しようとしてしまいがちです。たとえば、新しいITシステムを組み込もうと思っても、決定権を持つ教授や、上層部が受け入れられないと導入は難しいのが実情です。

――今年4月の診療報酬改定で、遠隔診療が保険診療に認可されました。これまで反対論が多かったのは、そうした保守的な体質が背景にあったのではないでしょうか。

細井 遠隔診療については、アクティブな医師の間でITを駆使して、遠隔診療を広めていこうという流れがありましたが、ベテラン医師たちは、「診察が不確実になる」「エビデンスのない医療が広まってしまう」と、ネガティブな部分を捉えていました。そういう世代による考え方の違いがあってなかなか足並みが揃わないのだと思います。

――女性医師の支援については、日本医師会が女性医師支援センターを設置して女性医師の就労支援に取り組んでいます。ただ、日医の役員14名のうち女性は1名ですね。

細井 医療関連団体の代表や幹部に就任している女性医師は60歳を過ぎた方が多いのですが、現場を離れている方が多いので、どれだけ女性医師の働きやすさについて、現場のストレスを共感できているかはわかりません。出産後の女性医師が出産前と同じように働くことがなかなか難しい背景には、就労環境の未整備だけでなく、こんな事情もあります。

 不思議なことに、医師は忙しいほうが稼げない仕事なのです。週5日常勤で働くよりも、週5日非常勤で働いたほうが、おそらく4~5倍の収入になると思います。子供のいる女性医師は医局に戻らないで、週3日保育園に子供を預けて非常勤で働いて、他の日は子供と一緒に過ごすスタイルで出産前と同じ額を稼げてしまいます。しかも非常勤のほうが責任は軽く、担当患者を持っていないので急変時に呼ばれることもなく、時間きっかりに帰れます。常勤よりもオンとオフのしっかりした生活ができるのです。

女性医師の生涯未婚率35.9%、休職の主要因は自分の病気…女性医師を破壊する医療現場の闇のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、女子受験生女性医師東京医科大学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事