NEW

RIZAP、会計マジック・利益かさ上げ経営の実像…赤字企業を次々買収の目的

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライザップ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「プロ経営者」松本晃最高執行責任者(COO)によるRIZAPグループの経営体質の改造が始まった。

 RIZAPは個人向けトレーニングジムを運営しているが、M&A(合併・買収)の連発がたたり、会社の財務体質はメタボリックシンドロームの様相を呈している。松本COOは、グループのスリム化に取り組む。

 RIZAPグループの2018年4~6月期の連結決算(国際財務報告基準)は、売上高に当たる売上収益は前年同期比82.1%増の521億円。これに対して営業損益は37億円の赤字(前年同期は27億円の黒字)、四半期の最終損益は30億円の赤字(同21億円の黒字)に転落した。営業損益段階で前年同期比マイナス64億円という大幅な悪化となった。

 第1四半期の赤字の主因は、先行投資の負担増にある。マーケティング費用が前年同期比で19億円、新規出店や事業拡大に伴う費用が同10億円、その他の先行投資や構造改革費用などが同11億円と、合計40億円の負担増があり、利益を押し下げた。

 第1四半期だけで、インテリア雑貨店HAPiNS(旧パスポート、8月に社名変更)を中心に44店舗を新規出店。正社員も4~6月だけで600人増加した。

「たくさん買収した子会社には、当然ながらまだまだ改善の余地がある。大きく可能性のある会社を伸ばすのと、どうしようもない会社の赤字を止めるのが私の仕事」

8月13日、都内で開いた決算説明会で松本COOはこう説明した。瀬戸健社長兼最高経営責任者(CEO)は「松本氏の発言は子会社の売却を意味する」と、M&A一辺倒の路線の転換を示唆した。

 松本氏は米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)日本法人の社長などを経て、2009年からカルビーの会長兼CEOを務め、カルビーを高収益企業に変身させた。今年6月、カルビーのCEOを退任し、RIZAPグループの創業者である瀬戸氏が同月、三顧の礼をもって新設したCOOに迎えた。

 多数のオファーの中から松本氏がRIZAPグループを選んだのは、息子ほどの年の差がある瀬戸氏を「一流の経済人に育てる」ことを使命としたからだという。

経営不振企業ばかり買収した理由

 松本氏は、RIZAPグループの構造的欠陥をすぐに見抜いた。瀬戸氏が「18年度は月に1件のM&Aをする」と豪語していたM&A路線に急ブレーキをかけた。

 凄まじい勢いで進めてきたM&AがRIZAPグループを表面上、急成長させたのは紛れもない事実だ。12年3月期に8社だったグループ会社は、いまや75社を数える。

 このうち18年3月に子会社にしたワンダーコーポレーションを含め、上場企業の買収は9社に上る。マルコ、ぱど、夢展望、ジーンズメイト、堀田丸正、イデアインターナショナル、HAPiNS、SDエンターテイメント――。しかし、これらはいずれも経営不振企業だ。

 なぜ、経営不振企業ばかり買収してきたのか。キーワードは「のれん代」だ。のれん代とは、企業の買収で支払った金額と買収先の純資産の差額をいう。

RIZAP、会計マジック・利益かさ上げ経営の実像…赤字企業を次々買収の目的のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、HAPiNSM&ARIZAPカルビーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事