NEW

費用400万円?お墓がない!と慌てないために…格安の樹木葬や手元供養なら維持の悩み無用

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 現在、「お墓について悩んでいる人」が、とても大勢います。お墓の問題は、その人の人生観、死生観、住んでいる地方の伝統、属する宗教などによるところが大きく、簡単に述べることはできません。そこでここでは、「お墓を持っている人」と「お墓を持っていない人」の問題点について、述べてみたいと思います。

(1)お墓を持っている人の問題点

 お墓を持っている人の半数は将来、そのお墓は無縁仏になると思っているようです。

「お墓を継いでくれる人がいない」「今あるお墓をどうしよう」「自分のお墓の面倒を見てくれる人がいるだろうか」「子供には迷惑をかけたくない」という声を、よく聞きます。

 お墓はあるが、遠くてお墓参りができない人は「墓の移転」「墓じまい」について悩み、離檀料の心配をしています。

 それらの手続きについては、『まごころ価格ドットコム』が日本全国、同一価格で墓じまいに関するサービス(墓じまいにかかわるすべての煩雑なこと)を一手に引き受けてくれるようです。考える労力、時間を節約するために、このようなサイトを利用するのもひとつの方法かも知れません。

(2)お墓を持っていない人の問題点

 まだお墓がない人は、どのようなお墓にしたらよいか、なかなか決められないようです。最近はお墓に多様性が出てきて、さまざまな形態があります。

 お墓の種類としては 一般的なお墓、納骨堂、樹木葬、散骨、宇宙葬、手元供養などがあります。

【一般的なお墓】
 どこが経営しているかにより、宗教法人の墓地、公営墓地、民間墓地に分けられ、金額にかなりの差があります。民間の墓地といっても、たとえば花が咲き乱れているガーデニング墓地のように、いつも行きたくなる綺麗な花園のような墓地もあります。

 一般的なお墓を建てるための費用は、墓地、墓石等を含め大体150~400万円ほどかかります。

【納骨堂】
 納骨堂とは、骨壺に入れた遺骨を安置しておく建物でロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式があり、寺院納骨堂、公営納骨堂、民間納骨堂があります。納骨堂の場合は、一般のお墓に比べて約3分の1の費用で済み、大体50~150万円ほどかかるようです。

樹木葬
 樹木葬とは、墓地の樹木の下に遺骨を埋葬するもので、お墓の継承者を考える必要もなく、費用も50万円程度と安価です。東京都庁で行われた樹林墓地の抽選会では、募集枠の8倍の1万3000人が応募しました。費用は12万8000円で、管理費はかかりませんでした。

費用400万円?お墓がない!と慌てないために…格安の樹木葬や手元供養なら維持の悩み無用のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、墓じまい宇宙葬手元供養納骨堂の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事