NEW

NHK大河ドラマ主演俳優の“ある偏向”を検証する…ジャニーズ、ホリプロ、歌舞伎?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、Twitterで「NHK 偏向」で検索すると、「報道内容が偏っている」「公共放送の立場を逸脱している」といった旨の発言が目に入ってくる。 今回、取り上げたいのは、この件に関して……ではない。むしろ、それとは無関係な“ある点”において、「NHKがきわめて偏っているのではないか?」というのが、本稿のテーマである。

 では、何が偏っているのか? それは、キャスティング。平成期の大河ドラマ主演俳優の“キャスティング”である。 視聴率、クオリティの両面で失敗を避けたいNHK側は当然、大河ドラマという金看板を背負わせる俳優を慎重に選ぶのだろう。

 ゆえに、民放ドラマのように、演技経験が乏しい若手を主役に据えるようなことはしない。しかし、そういったテレビ業界の“前提”を考えても、やはりなお偏っているのではないかと思われても仕方のない現状がある。

  2019年1月6日より放送が始まった平成最後の大河ドラマ作品『いだてん~東京オリムピック噺~』(以下、いだてん)には、日本人初のオリンピック選手となった“日本のマラソンの父”金栗四三(六代目中村勘九郎)と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治(阿部サダヲ)という2名の主人公がリレー形式で登場する。

 この俳優2名のうち1名は、本稿で指摘する“偏りパターン”に即した人選なのだ。 はたしてそれは……?

 というわけで、『春日局』(1989年)から『いだてん』(2019年)まで、平成期に放送された全33作品39名(ダブル主演、トリプル主演作があるので)の大河ドラマ主演俳優に見る、NHKの偏りについて、勝手ながら検証してみたい。

ジャニーズに偏っている!

蜜月は郷ひろみ在籍時から。香取慎吾&滝沢秀明の連続主演など高い起用率

 昭和の時代から、NHKとジャニーズ事務所は密接な関係を築いており、当時所属していた郷ひろみを『新・平家物語』(1972年)に出演させたのを皮切りに、薬丸裕英(当時・シブがき隊)と錦織一清(当時・ジャニーズ少年隊)を『峠の群像』(1982年)、岡本健一(当時・男闘呼組)を『独眼竜政宗』(1987年)にと、売り出し中の若手を頻繁に端役として出演させていた。

 そんなジャニーズ勢で最初に主演の座を掴んだのは、『琉球の風』(1993年)の東山紀之(少年隊)だ。この作品は、主人公が架空の人物であったこと、放送期間が半年間だったこともあってか、あまり人々の記憶には残っていないかもしれない。以後、ジャニーズ所属俳優の主演作はしばらく途切れるが、2000年代になると状況が一変する。

NHK大河ドラマ・ストーリームック『義経(前編)』(日本放送協会出版【当時】)

 香取慎吾(当時・SMAP)の『新選組!』(2004年)、滝沢秀明(当時・タッキー&翼)の『義経』(2005年)と、2年連続の起用があったのだ。これには、“アンチジャニーズ勢”からブーイングが起こることは必至だった。しかし、NHKとジャニーズの強い関係は揺らぐことがなく、2014年には、V6の岡田准一主演の『軍師官兵衛』が制作される。

 さらにこの『軍師官兵衛』には生田斗真も出演し、続く『花燃ゆ』(2015年)に東山紀之、『真田丸』(2016年)に岡本健一、『西郷どん』(2018年)に関ジャニ∞の錦戸亮、風間俊介、『いだてん』に再び生田斗真と、大河ドラマとジャニーズの蜜月は続いている。

 そういえば、実際には福山雅治が主演した『龍馬伝』(2010年)は当初、当時SMAPに属していた木村拓哉のキャスティングが想定されていたという説もあった。

 これからも、嵐の二宮和也のような、俳優業に重きを置いているジャニーズ事務所所属タレントの主演作はあると見ていいだろう。

NHK大河ドラマ主演俳優の“ある偏向”を検証する…ジャニーズ、ホリプロ、歌舞伎?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事