NEW

のん(能年玲奈)、『いだてん』出演はあり得る!レプロが抱く“不信感”の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”

 どうも、私、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。マネージャー目線から見た芸能ニュースのウラ側をお伝えする本連載、昨年末までは「wezzy」というメディアでお世話になっておりましたが、2019年からは心機一転、こちらビジネスジャーナルにて引き続き、執筆させていただこうと考えています。今後も、ちょこっとずつではありますが、芸能界の内幕をみなさまにお伝えしていければと思っております。どうぞよろしくお願いいたします!

NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』公式サイトより

 さて、とうとう始まりましたね、本年のNHK大河ドラマ! そうです、宮藤官九郎さん脚本の『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』です。みなさん1月6日に放送された第1回目、そして13日に放送されたその第2回目はご覧になりましたか?

 ご存じかもしれませんが、ぼく、ドラマが大好きなので今回の大河ドラマもとっても楽しみにしていました。だってクドカン脚本に中村勘九郎さん&阿部サダヲさんのW主演ですよ。おもしろそうな予感しかしないじゃないですか!

 案の定、初回は情報量たっぷり、濃い内容で軽快なテンポのクドカンワールド炸裂でした。主演のお2人、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんの出演シーンはものすごく少なく、勘九郎さんに至ってはラスト5分前でやっと登場するという面白い構成でしたが……勘九郎さんが現れた瞬間、「待ってました!よっ、中村屋!」と思わず叫んでしまいそうなドラマチックな登場でしたね。最後のシーンで、帽子の染料が汗で落ちて顔が赤く染まってしまうという場面があったんですが、よく見るとその模様が歌舞伎の「隈取り」になっているなんてところも気が利いてました。

 そして、初回のメインエピソードとなっていた、“オリンピックの父”嘉納治五郎を演じる役所広司さんが「マラソンだ!」「マラソンしかない!」とアツく吠えるたびに「あれ? これ『陸王』(2017年、TBS系)だったっけ……?」と混乱したのはぼくだけではないはず(笑)。

 とにかくキャストがすごくて、すでに名前を挙げた3名のほかに、北野武、小泉今日子、星野源、生田斗真、森山未來、神木隆之介、橋本愛、杉咲花、杉本哲太、竹野内豊、古舘寛治、平泉成、そしてまだ登場してないけど綾瀬はるか、荒川良々、勝地涼、ピエール瀧……と、これでもかというほどの豪華な顔ぶれが並んでいます。

 さらに、あのオープニングシーンが撮影された明治~大正~昭和初期の街並みを復元したオープンセット! 何棟もビルを建てて、実際に路面電車が走ることもできる線路も敷いてあるという、とんでもなく豪華なものなんですけど、このセットも今回の『いだてん』の撮影に合わせてつくられたそうです。水戸にあるワープステーション(マネージャーにはお馴染みの撮影場所ですね)にあるので、僕も一度見に行ってみたいですね~。めちゃくちゃ遠いけど。

“のん”の前事務所訪問を「フライデー」がスッパ抜き

 で、キャストを見ればなんとなく気がつくと思うのですが……小泉今日子、橋本愛、杉本哲太、古舘寛治、荒川良々、勝地涼、ピエール瀧、平泉成…とくれば、そうです! 2013年に放送されて大ブームを巻き起こしたNHKの朝ドラ『あまちゃん』(NHK総合)と同じキャストがズラリ。今回の大河ドラマは脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、制作統括・訓覇圭、演出・井上剛と、『あまちゃん』チームが再集結したことでも話題になっているんです。

 そうなると当然気になってくるのは、この連載の第1回目でも取り上げたアノ女優の動向ですよね。そう、「“のん”こと能年玲奈ちゃんの大河出演はあるのか!?」という問題です。ネットでも「このキャストで能年ちゃんが出演しないのはおかしくない?」「能年玲奈はいつ出るの?」と、能年さんを待望する声が溢れていますよね。

 ここで思い出されるのが、昨年10月に「フライデー」(講談社)にスッパ抜かれた「のんが、独立をめぐってモメた前所属事務所のレプロエンタテインメントに謝罪し、和解を申し入れた」という記事。これね、その記事にも書いてあったけど、NHKのプロデューサーは間違いなくのんちゃんを大河ドラマに出演させたいんじゃないかと思います。ていうかまあ、日本中がそれを望んでいますよね……。

 でもそのためには、前事務所と不義理な形で決裂という状態のままではマズイ。のんサイドにちゃんと前事務所への“筋”を通してもらわないといけない。それで、「ちゃんとレプロと話をつけてきてください」という話になったんじゃないかと。それで能年さんがレプロの事務所を訪問したところを「フライデー」にキャッチされた……というのが、あの記事だったと見て間違いないと思うんです。

NHK朝ドラ史上最高傑作のほまれも高い『あまちゃん』(画像は東映より発売の『あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1』

のん(能年玲奈)、『いだてん』出演はあり得る!レプロが抱く“不信感”の理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHKいだてんのんクドカン大河ドラマ宮藤官九郎能年玲奈の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事