NEW

ヴァニラさんの“主治医”が語る「整形手術を繰り返すリスク」「整形してはいけない人」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京美容外科統括院長・麻生泰氏

 目標はフランス人形。でも、達成率はまだ8%くらい――。

 韓国や台湾では受けたことを隠す人もいないといわれるほど“当たり前のこと”になった整形手術だが、日本では今でも口外する女性は少ない。しかし、「フランス人形になりたい」という一心から、総額2億円を超えるほど整形手術を重ねるタレントのヴァニラさんは、テレビやラジオで積極的に自らの体験を語っている。

 そんなヴァニラさんが先月掲載された「ORICON NEWS」のインタビュー記事内で次のように発言し、反響を呼んでいる。

「整形をすれば必ず人生が変わるっていうわけじゃない。整形すれば美しくなれるとか楽しくなれるっていう考えだったら止めたほうがいいと思います。こういう顔にしたいという明確な目標がないと、正解がないから永遠に終わらなくなってしまうんです。メイクや髪型、言葉遣いや服装など自分でこれ以上どうにもならないところまで来たら、初めてオペを考える。それで人生が変わる目処がしっかりと立って、目標がある人にはおすすめしますね。でも悩むくらいだったら一度カウンセリングに行って先生とお話してみるのが良いと思います」

 そんなヴァニラさんが信頼してカウンセリングに通っている、東京美容外科統括院長の麻生泰氏に、日本の美容整形の現状などについて話を聞いた。

「ヴァニラさんとの最初の出会いは大阪でした。大阪で彼女が働いておられて、僕もまだ駆け出しの美容外科医でした。ちょうど東京美容外科の大阪院を立ち上げた頃だったと思いますね。そのときも可愛い子でしたよ。最初は目の周りを手術する程度で、そんなに大きな手術はしませんでした」

 美容整形を受けるうえで何が重要なのか。麻生院長は、美容整形を受ける側の患者と、手術をする側の医師との間のマッチングが大切だと語る。 

ヴァニラさんの“主治医”が語る「整形手術を繰り返すリスク」「整形してはいけない人」のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事