NEW

ピタゴラス、人間とマメが同一起源であることを示す科学的実験

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェジタリアンはさまざま


 近年、世界的にヴェジタリアン(菜食主義者)が増えている。菜食にこだわる理由は人それぞれだ。意識を持った動物を食用に殺すことが耐えられないからだと言う人もいれば、消化における胃腸への負担軽減など、健康を気遣いたいからだと言う人もいる。玄米菜食等を継続的に食べさせる実験から、菜食は人の攻撃性を抑え、性格を穏やかにするからだと言う人もいるかもしれない。

 また、農耕地の確保のために進められる森林伐採の主要な背景には、人間用の食料ではなく、その4~10倍も消費する食肉動物用のエサの生産があることに加え、家畜飼育で多大な水も消費されていることを指摘する人もいるだろう。人為的なメタン排出のうち37%は家畜のオナラやゲップに起因するといわれ、地球温暖化と環境破壊を食い止めるためにも、我々は肉食を減らすべきだと考える人々は増えているのだ。

 こうした理由は現代ならではといえるが、菜食の幅はまちまちである。卵や乳製品、蜂蜜などを口にするヴェジタリアンもいれば、それら動物性食品はまったく口にしないヴィーガンと呼ばれる人々もいる。その相違には、最初に挙げたような「動物の殺生」の問題は直接関与しない。有精卵を食せば殺生になるものの、無精卵を食しても、乳製品や蜂蜜を摂取しても殺生にならないからである。動物性食品を口にしないヴィーガニズムは、「人間は動物を搾取することなく生きるべきだ」という考えに基づいており、殺生がなくても動物性食品を口にしないという。

 だが、実際のところ、生態系の維持や動物愛護という基本的な点において、ヴェジタリアンもヴィーガンも無頓着な人が多く、人に害をもたらさないような一部の動物だけを可愛がろうとする傾向が見られる。どのレベルまで動物性食品を除外するのかといった点も合わせ、菜食の幅は個人の主義主張に依存し、一般に知られる分類はあまり有意な基準ではなさそうである。

マメは特別なのか?


 菜食主義は、紀元前7世紀に生命への寛容を教えていたインダス文明に見られ、インドではその後も広がり、長きにわたって実践されてきた。西欧では、紀元前6世紀の古代ギリシアで実践され、数学者・哲学者のピタゴラスが創設した教団では、動物を殺すことは殺人に、食肉は食人に等しいと考えられていた。ピタゴラスと彼の弟子たちは1日2食で果物、野菜、穀物、蜂蜜だけで生活していたとされる。ちなみに、ピタゴラスに強い影響を受けたプラトンは、生涯、肉も魚も口にしなかったといわれている。

 さて、ピタゴラスは蜂蜜を食していたため、現代で言うところのヴィーガンほど厳格ではなかったといえる。だが、不思議なことに、ピタゴラスはマメを控えるように弟子たちに説いていた。しかも、マメを食べないだけでなく、手で触れることもしなかったという。なぜなのだろうか?

豆から顔をそむけるピタゴラス

 この謎に関しては、多くの賢人らが独自の推論を展開してきた。

ピタゴラス、人間とマメが同一起源であることを示す科学的実験のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ソラマメピタゴラスヴィーガンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合