NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

無届けで男と海外旅行の山尾志桜里議員、永田町で評判最悪だった“人格豹変”

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立憲民主党の山尾志桜里衆議院議員(写真:日刊現代/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 5月の最終週に入ったとたん、永田町では衆参ダブル選挙の噂がピタッと聞こえてこなくなりました。その理由は「公明党から強く(ダブル選を)回避を求められたから」「菅官房長官がダメと言ったから」など諸説ありますが、いずれにしろダブル選への熱が冷めているのは事実です。

 ついこの間まで、ポスターや推薦ハガキの手配、投開票日も「7月21日」説や「8月4日」説などが毎日のように流れていたのに……。どうなっちゃったんでしょうね。

自ら評判を落とした山尾志桜里の愚行

 ダブル選の熱が収まった永田町では、「女を買いたい」発言の丸山穂高衆議院議員よりも、山尾志桜里衆議院議員の「無届けで男性と海外渡航」のほうが(秘書的には)ホットな話題です。

 6月26日まで国会が開かれていますから、国会議員は連休中といえども海外に出るには所属院議長に届け、議院運営委員会の了承を得なくてはなりません。これは議員の活動の基本のキで、こんな事務手続きを「忘れる」というのはまずあり得ないです。

 それに、本人は当然ですが「秘書は何をやっていたのか」という話にもなります。山尾議員の政策秘書は民主党で長いこと秘書を務め、地方議員の経験もある有能な人物なのですが、山尾議員はこの秘書にも黙って渡航していたのですね。

 実は神澤は、この秘書が報道の直前に国会の地下通路をうつむいて歩いている姿を見かけたのですが、あまりにもしょんぼりしていて声をかけられませんでした。「元気ないなぁ。どうしたのかな?」と気になっていたので、“文春砲”を見て納得しました。

 なぜ山尾議員は秘書にすら黙って、しかも以前から関係が噂されている倉持麟太郎弁護士と海外に行ったのでしょうか? 考えられるとすれば、届けると衆議院広報に掲載されるので「オープンにしたくない」人は届けない……という事情です。これは「文春」も書いていましたね。

 理由はどうであれ議員としての自覚がなさすぎですが、これについてなんの処分もしない立憲民主党もおかしいです。枝野幸男代表も弁護士なので、「弁護士仲間」には甘いんでしょうか。せっかく予算委員会などでのキレのある質問が評価され出していたのに、山尾議員は自ら政治家としての評判を落としてしまいました。選挙区の有権者たちは、とてもがっかりしていると思います。

 ところで、山尾議員は2016年の民進党結党時に政調会長(当時)に就任してから「人が変わった」ともっぱらの評判です。それまでは秘書たちにも笑顔であいさつを交わしていたのに、政調会長になってからは「秘書の分際で私に話しかけるなんて100年早い」という態度になって、うかつに近寄れなくなりました。

 野党とはいえ中枢にいることで感覚が麻痺してしまい、挙げ句の果てに「無届けの海外渡航」の先に待っている事態を予想することすらできなくなったのでしょうか。山尾議員のことを評価して影ながら応援していた議員も少なくなかったのですが、本人が愚かさをどんどん露呈しているので、残念でなりません。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

無届けで男と海外旅行の山尾志桜里議員、永田町で評判最悪だった“人格豹変”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事