NEW
富と名誉を享受し、責任は回避――韓流アイドルたちの暴走【中編】

歌手のチョン・ジュニョン、スンリらと“性暴行”を共有…なぜ韓国アイドルは暴走するか

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年3月14日、ソウル地方警察庁に出頭するチョン・ジュニョン。(写真:AP/アフロ)

【前編】で述べたスンリ事件の延長線上に、ほかの事件が浮かび上がった。2019年3月、スンリと親交が深い芸能人、チョン・ジュニョンが、相手の同意なくセックス動画を撮影し、カカオトーク内の知人とのグループで共有していたという事件が発覚したのだ。グループには、スンリだけでなく、何人もの芸能人の名があった。彼らは自分が違法に撮影したセックス動画を共有していたのだ。れっきとした犯罪行為を、互いに自慢し合うという異常性がそこにあった。

「事件の中心となったチョン・ジュニョンは、以前にもガールフレンドと撮影した映像を流布させ問題となったことがありました。しかし、事件後に特別な謝罪や長期の自粛期間もなし。ほどなくして、普通に芸能活動を再開しました。これは、韓国芸能界では見慣れた光景なのですが、当時チョン・ジュニョンがしっかりと調査を受けていれば、新たな犠牲者が生まれずに済んだと思います」(韓国現地紙記者O氏)

 公開された彼らのトーク内容は、人々の想像を超越していた。自分たちの名声を利用して、女性を次々と標的にしていたのだ。その一部始終は、さながら獲物を狙う「狩り」のようでもあった。芸能人はその気になれば簡単に異性と出会うことができる。テレビを通じてつくられた虚構のイメージが、一般人には大きな魅力として作用する。チョン・ジュニョンとその友人たちは、性犯罪に対する感受性は失っていたが、自分たちがどれだけ大きな“魅力”を持っているかは自覚していた。

 彼らは自分たちの魅力をもって欲望を発散するだけにとどまらず、新型麻薬である「ムルポン」(GHB)を利用して、女性に性的暴行まで加えていた。ムルポンは、水や飲料水に混ぜるとニオイもしない。暴行された女性たちは芸能人を恐れ、性的暴行の事実を明かすことも難しい。彼らはその“韓国社会の力学”も理解していた。悪事を働く際には、非常に頭がキレるのだ。

力を得たアイドルたちは、必然的に暴走する

 性犯罪を含む、アイドルたちによる犯罪の発生は、ある程度予想し得るものでもある。韓国のアイドルたちは特別な方法で生み出される。大手をはじめほぼすべての芸能事務所が、芸能人になりたい子どもを幼い頃から“教育”し、そしてアイドルに仕立て上げる。歌やダンス、マスコミ対応など、芸能人やアイドルとしての資質を叩き込まれるのだ。その専門教育の“確かさ”は、韓流アイドルが世界に認められていったことの証左でもある。ただし、韓国のアイドル教育には、一般的な社会通念や常識を教えるという側面が著しく欠落しているようだ。

「アイドルが力を得たときにどのように行動すべきか、大人になったときに社会とどう折り合いをつけて生きていくのか。そういうことを教える芸能事務所は、多くありません。性教育を真剣に行う芸能事務所も数えるほどです。スターになった際、自分が持っている力を適切に使うことを学ばないため、犯罪というカタチで暴走してしまうのです。さらに、事件を起こしても相応の罰を受けることがないから、ますますおかしなことになる」(前出・O氏)

歌手のチョン・ジュニョン、スンリらと“性暴行”を共有…なぜ韓国アイドルは暴走するかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合