NEW

韓国、性接待“捏造”大国の闇…一大スキャンダル、次々と「壮大なデマ」判明の真相

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャン・ジャヨンさんの葬儀(写真:Yonhap/アフロ)

 

韓国芸能界「性接待」のイメージと現実

 韓国芸能界がまた「性接待」で揺れている。今年に入って噴出した「V.Iゲート事件」では、K-POPを代表する男性グループBIGBANGのメンバー(3月に脱退)が渦中の人物となった。投資家らにコールガールをあてがった性接待=売春斡旋の容疑が持たれているためだ。

 5月にはそのBIGBANGの所属事務所、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表の性接待問題も浮上。こちらは2014年に東南アジアの資産家が訪韓した際、高級料亭で大勢の女性を斡旋したとの疑惑だ。ヤン代表は一連の疑いを否定しつつ、6月14日に「引退」を表明した。

 その4日前、6月10日にはかつて一大事件として騒がれた「チャン・ジャヨン事件」が意外な展開を見せている。新たな証言者として名乗り出た元女優ユン・ジオが、支援者らに損害賠償などを求める訴訟を起こされたのだ。その奇怪な経緯は、あとで詳しく見ることにしよう。

 日本でも、ことあるごとに報じられてきた韓国の性接待問題。とりわけ一部メディアでは、「韓国芸能界といえば性接待」といったイメージも根強いようだ。だが、その先入観と現実には、実は大きな隔たりがある。何かと取り沙汰されるこの問題を、いま改めて整理しておきたい。

チェ・ジウ、KARAもゴシップの的に

「ジウ姫」の愛称で親しまれた『冬のソナタ』主演女優チェ・ジウも、「枕営業でテレビ局の元社長を腹上死させた」と囁かれたことがあるが、この話はデマだということがわかっている。枕営業の相手と噂されたのは、元MBC社長のイ・トゥンニョル氏。01年に61歳で急死したのは事実だが、死因は夫人とのドライブ中に起こった食道静脈瘤の破裂だった。

 日本でK-POPブームの火つけ役となった女性グループKARAも、性接待で騒がれたことがある。KARAは10年8月の日本デビューから短期間で大きな人気を集めたが、翌年1月に一部メンバーとその親たちが所属事務所に「専属契約の無効」を求める騒動を起こした。その際に「望まない仕事を強要して人格を冒とくした」などと事務所を非難したことから、「性接待」を無理強いされたとの憶測が広まったわけだ。だが、これも実際は性接待などでなく、仕事上のささいな不満にすぎなかった。要するに、事務所を不利な状況に追い込むための言いがかりじみた主張だ。

韓国、性接待“捏造”大国の闇…一大スキャンダル、次々と「壮大なデマ」判明の真相のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合