NEW

蜂の巣状の空洞構造体、人体に近づけると得体の知れない不快感と、有益な効果

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天才昆虫学者ヴィクトル・S・グレベニコフ博士

 ロシアのノボシビルスク郊外の農業科学アカデミーには、こよなく自然を愛し、芸術の才能にもあふれた昆虫学者ヴィクトル・S・グレベニコフ教授がいた。彼は自然の造形物だけでなく、人工的な構造物が生み出す「空洞構造効果」を発見しただけでなく、1988年には、ある昆虫のキチン質殻に「反重力効果」があることを発見した。そして、反重力が作用する重力場に存在する物体は、完全または部分的に視覚できなくなるか、ゆがんで見える現象も発見した。

 この発見に基づいて、彼は最高で(理論上)時速1500kmというスピードで飛行可能な反重力プラットフォームを製造した。そして、1990年以来、彼は高速移動のために、その装置を利用してきたという。

 この話は、代替科学の研究者である筆者が2007年に拙著『超不都合な科学的真実』(徳間書店)において紹介して以後、日本中に広まったので、ご存じの方もおられるのではなかろうか。本稿では、まず「空洞構造効果」について触れることにしたい。

研究の発端

 グレベニコフ教授は、自然のなかで観察を行うために昆虫保護区等でキャンプして過ごすことが多かった。ある夏の日、彼はカミシュロボ渓谷にある湖へと続く草原にいた。そこで夜を明かすつもりで、彼はコートを下に敷き、バックパックを枕にして草原で横になった。

 眠りに落ちようとすると、突然目に閃光を感じ、夜空に光が走っているように感じられた。口の中では金属的な苦さを感じ、耳鳴りもした。心臓の鼓動が激しくなり、強い不快感に襲われた。彼は起き上がり、草原を下って、湖畔まで行ってみた。すると、まったく異常は感じられず、不快感も消えた。どうしたことだろうか?

 だが、湖畔から離れて、寝床に近づくと、また同じ不快感が襲ってきた。その場所には、地下にたくさんの蜂の巣があった。もちろん、蜂が襲ってくるわけではなく、皆目理解できなかった。とはいえ、彼はその夜を蜂の巣の上で過ごした。そして、夜明け前に頭痛とともに目を覚まし、彼は自宅までヒッチハイクして戻った。

 その後、グレベニコフ教授は何度か同じ場所を訪れたが、やはりある場所に来るといつも不快感に襲われた。その不快感の原因を理解できたのは、数年が過ぎてからのことであった。あのカミシュロボ渓谷の土地が農地として開墾され、無残にも泥の山と化した。そこを訪れた彼が手に入れたものは、地中に埋まっていた蜂の巣だった。

蜂の巣状の空洞構造体、人体に近づけると得体の知れない不快感と、有益な効果のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事