小澤貴子「化粧品のウソとホント」

40代でブームの男性用化粧水、逆に肌トラブルの例続出…買ってはいけない商品の見抜き方

「Getty Images」より

 

 ここ5年ほどのコスメ業界における大きな変化の一つとして、中年男性用コスメの普及が挙げられます。大手メンズブランドの成長に伴い、ここにきて一気に働き盛りの男性に化粧水ユーザーが増えました。

 本連載で以前、乳液は本来不要な商品であるにもかかわらず、化粧品業界が必需品だという印象を世間に植え付けることで、売れ筋アイテムに急成長した実態をご説明しました。皆さんが企業の経営企画部所属だったとして、人口減少国の日本でどうビジネスを展開しますか? ビジネス書によく躍る「市場開拓」という文字。まさに、中年男性用の化粧水は、長年化粧品業界が淡々と狙ってきた新市場であり、残された数少ない「フロンティア」なのです。

化粧水って何?

 女性と男性の肌の一番の違いは、皮脂の分泌量です。皮脂はホルモンにより分泌されるため、40歳前後を過ぎると急激に分泌量が減少する女性と異なり、男性は思春期を超えた後は皮脂が安定して分泌され続けます。皮脂が分泌されると、皮膚表面で共存している微生物の出す酵素によって、肌の表面が弱酸性に保たれるようになります。皮脂の少ない女性は、弱酸性に保つ能力が衰えてくるので、酸を補充する酸性化粧水が必要になるのです。

 もともと化粧水を使用する目的は、以下の3つです。

(1)石けんを使った洗顔や髭剃りをした後のつっぱり感を取り除き、肌を弱酸性にする(強すぎる洗浄剤は肌荒れの原因になるので、石けんがお勧めです)

(2)肌にパッティングなどでほどよく刺激を与えることで、新陳代謝を促す

(3)酸性の環境を整えることで、肌のトラブルを防ぐ

化粧水って、男性も使ったほうが良いの? 使い方は?

(1)については、男性は年齢を重ねても皮脂の分泌量が衰えないので、必ずしも使わなくても構いません。そもそも、つっぱりを感じる方のほうが少ないはずです。また、(2)については、男女ともに加齢により新陳代謝は衰えるので、男性も積極的に取り入れたほうがよいでしょう。

(2)は、特に男性にお勧めの使用目的です。皮膚表面の微生物にも、善玉菌と悪玉菌が存在していますが、ニキビや肌トラブルをもたらしやすい悪玉菌は酸性の環境を嫌うことが多いからです。汗をかくと、pH(酸・アルカリの度合いの指標)も偏りがちになります。皮脂分泌と活動的発汗量の多い男性にお勧めなのは、酸性化粧水です。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

連載

ビジネス

総合

SNS