NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

突然生まれた病気“線維筋痛症”と大ヒット鎮痛剤に疑惑…根拠不明、服用に危険性指摘

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 

 鎮痛剤(痛み止めの薬)にお世話になったことがある、という人は多いものと思います。たとえば「ロキソニン」は代表的な鎮痛剤のひとつです。この薬は、特許が切れたあと多くのジェネリックが発売され、もっとも安い製品で1錠わずか5.6円になってしまいました。最近はドラッグストアで買うこともできます。

 一方、最新の鎮痛剤として、ぐんぐん売上を伸ばしているのが「プレガバリン」(一般名)で、1錠(75mg)111.5円と高価です。医師の処方を必要とする専門医薬品ですが、最近、売上額があらゆる分野の薬を通じて堂々の第4位にランキングされました。

 この薬は、神経の異常な興奮を抑える作用があります。当初、脳細胞の異常興奮によって起こる「てんかん」を抑える薬として開発されたものですが、あまり脚光を浴びることはありませんでした。ところが2008年、米国で「線維筋痛症」という“新しい病気”の治療薬としての使用が認可され、扇動的なテレビ・コマーシャルとともに一気にベストセラーとなりました。

 この薬が認可された当時の米紙ニューヨークタイムズによれば、一部の医師はこの薬の登場を熱烈に歓迎するとしているが、一方で、そもそも線維筋痛症という病気自体が存在しないと主張する医師も多く、なかにはこの病気を提唱しておきながら、あとになって自ら論文を取り下げた医師もいるとのことでした【注1】。この薬を推奨する有名医師の多くは、製薬企業の顧問などを務めているとも報じていました。

 線維筋痛症は、中年女性に多く、全身に痛みがあり、いかなる検査でも異常が見つからないという不思議な病気です。何年か前、日本でもこの病名がテレビで紹介されたことがあり、翌日から全国で患者が急増したとされています。「従来の鎮痛剤は効かない」とか、「この新薬は飲み続ける必要がある」「神経障害による痛みによく効く」など、もっともらしい紹介もなされているのですが、いずれも根拠は不明です。

 否定派のある医師は、ニューヨークタイムズ紙のインタビューに答えて、「この薬は患者にとって役に立つことは何もない」と断じています。また別の医師は、「線維筋痛症というもっともらしい病名をおどろおどろしく患者に告げると、ますます症状が悪化する。現場の医師が病気をつくり出しているのではないか」と述懐しています。

突然生まれた病気“線維筋痛症”と大ヒット鎮痛剤に疑惑…根拠不明、服用に危険性指摘のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事