NEW

アサヒを蝕むスーパードライ売上急減と、大型買収攻勢&巨額有利子負債の博打

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】アサヒを蝕むスーパードライ売上急減と、大型買収攻勢&巨額有利子負債の博打の画像1
アサヒビール本社ビル(「Wikipedia」より)

 アサヒグループホールディングス(GHD)は、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)から、豪州ビール最大手のカールトン&ユナイテッドブリュワリーズを買収する。取得額は約1兆2000億円。2020年3月末までに買収手続きを完了する。日本のビール大手による海外のビール会社の買収で、1兆円を超えるのは初めてだ。

 カールトンは豪州南東部のメルボルンに本拠を置く。「ビクトリアビター」のブランドで知られ、18年12月期の売上高は約1700億円。豪州市場でカールトン社は48%と半分近いシェアを握っている。

 ABインベブは、16年に当時世界2位だった英SABミラーを吸収合併するなど、各地の有力ビール会社の買収を重ねてきた。日本でも人気のバドワイザーなどの主力ブランドを世界で展開。売上高は5兆円を超え、世界のビール売上高の25%、利益の半分近くを占めるガリバーだ。株式時価総額は19兆円。

 しかし、SABミラーの買収に10兆円を投下したことが元で、負債が膨らみ、近年は財務の改善が課題になっていた。

 アジア子会社のバドワイザー・ブリューイング・カンパニーAPACを香港市場に上場して最大1兆600億円の資金調達を目指していたが、7月に断念した。欧米メディアは、「ABインベブは子会社を5.8兆円と評価するよう求めたが、投資家が高い公開価格に尻込みしたため香港上場が実現しなかった」と報じた。

 子会社のIPO(新規上場)の代替手段として、豪州、韓国、中米の事業売却を検討。豪州事業をアサヒGHDに1兆2000億円で売却することで資金を確保。「売却で得た資金は、負債の圧縮に充てる」と説明している。

 その後、ABインベブは9月12日、アジア子会社の香港市場への上場を再び申請したと発表した。計画が順調に進むかどうかは「市況やほかのいくつかの要因による」としており、上場は確定していない。

アサヒGHDは巨額買収を続け、負債が膨れる

 アサヒGHDは国内同業で唯一、海外企業のM&A(合併・買収)を積極的に続けている。16年10月にABインベブから西欧のビール4社を2945億円で、16年12月にもABインベブの東欧のビール5社を8883億円で、立て続けに買収した。さらに19年4月、英国でパブやホテルを運営するフラー・スミス&ターナーから370億円で高級ビール事業を手に入れた。

 アサヒGHDの18年12月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前期比2%増の2兆1203億円、営業利益に当たる事業利益が同13%増の2214億円だった。牽引したのは国際事業。売上収益は同12%増の7133億円、事業利益は同48%増の996億円。全社の売上収益の34%、事業利益の45%を占める。なかでも欧州の高級ビールが好調だった。

 しかし、16年以降の大型買収で有利子負債は1兆273億円に膨らんだ。そして、カールトンの1.2兆円がこれに加わる。買収の成果は、高級ビールの海外販売が伸びるかどうかにかかっている。

アサヒを蝕むスーパードライ売上急減と、大型買収攻勢&巨額有利子負債の博打のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事