NEW

五輪マラソン、実は夏の札幌は東京に負けず“猛暑”だった…問題の解決にならない可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
五輪マラソンの札幌開催受け入れについて説明する小池百合子都知事(AFP/アフロ)

「マラソン自体をやめたほうが良いのではないか」という声も日に日に大きくなってきた。東京都と国際オリンピック委員会(IOC)、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会、政府のトップ級協議が1日、都内で開かれ、五輪のマラソン・競歩の開催地を東京から札幌に変更することを決めた。東京の猛暑から選手守るために、IOCが急遽方針を変換したことで日本中が大混乱だ。もはや誘致時に日本が盛り上がった「コンパクトオリンピック」「復興オリンピック」「おもてなし」という美しい開催テーマの数々は、記憶の果てに追いやられて久しい。しかも、新開催地の札幌は「暑い」という意見も聞かれる。

 事の発端は9月下旬に中東カタールのドーハで開かれた陸上の世界選手権の女子マラソン大会だった。この大会では暑さのために途中棄権が続出した。東京は高温に加えて、高い湿度も懸念される。改めて選手のコンディションを重視したIOCは10月16日、マラソン・競歩の札幌開催を表明。だが、暑さ対策を重ねてきた東京都の小池百合子知事は猛反発。30日からIOC調整委員会との会議でマラソンの未明スタート案を示すなどして、東京開催を求めていた。

 そして1日、小池知事は「同意できないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と同意も合意もしないが受け入れるという説明をして決着がついた。

「ところで札幌も暑いのだが」

 今回の決定に、Twitter上では疑問の声が相次いでいる。そんな中、こんな意見も散見される。

「夏の札幌 思うよりも暑いからなぁ〜 知らんからねぇ…こんなに暑いと思わなかったとか言っても」(原文ママ、以下同)

「札幌じゃ暑いから稚内でマラソンやんなよ。宗谷岬スタートで稚内市街地まで35キロくらいあるでしょ。西海岸回ってノシャップ岬経由で市街に帰ってくればいい具合に42キロくらいじゃない。風景もいいしさ。風は強いけど」

「マラソン札幌開催とか言ってますけども…。北海道っていうだけで涼しいみたいな考えはいかがなものかと…。夏は普通に東京より暑い日もあるからね…」

札幌で一番暑い時期

 実際、どうなのか。気象庁のデータを検証し、札幌管区気象台に聞いてみた。

 マラソンと競歩が予定されているのは7月31日、8月2日、7日、8日、9日だ。参考までに今年の東京と札幌の気温と湿度のデータを見てみよう。

五輪マラソン、実は夏の札幌は東京に負けず“猛暑”だった…問題の解決にならない可能性のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事