NEW

グーグルの量子コンピュータ成功発表に「重大な欠陥」と批判…背景に米中覇権戦争の熾烈化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルの量子コンピュータ/サンダー・ピチャイCEO(提供:Google/ロイター/アフロ)

 米グーグルは9月半ば、同社の研究する量子コンピュータが、世界最高のスーパーコンピュータで1万年かかる計算を200秒で行ったという論文を発表した。直後からビットコインが暴落し、これは大きな論争を呼ぶことになった。全世界に衝撃を与え、多方面から賞賛された発表だったが、IBMはグーグルの主張に重大な欠陥があるとして、研究結果を否定した。

 さらに、IBMの研究者はこれを「ひとつの問題だけを解くためにつくられた研究室内の実験にすぎず、現実の用途に使用できない」「弁護の余地のない単なる間違い」とまで酷評した。IBM自体は、量子コンピュータのクラウド利用サービスも提供しているので、自信があったと思われる。グーグルが量子コンピュータ論文を発表したことで、同社と関係の深い中国の量子コンピュータ技術がアメリカを超えたのではないかという話にまで飛び火したが、問題の論文はネット上から削除されて話題は沈静化に向かっている。

暗号技術は軍事力の高さ

 仮にグーグルの発表が正しければ、これは世界のパワーバランスを揺るがす大事件だ。ポイントは、量子コンピュータ技術の世界は中国がアメリカを猛追しているということと、グーグルは中国との関係が深いということだ。ドナルド・トランプ米大統領が必死にグーグルを叩いてきたのは、グーグルが米政府の意向よりも中国政府の意向を汲んできたためで、そのグーグルが量子コンピュータで世界最高だとすれば、米国にとってはリスクといえる。

 中国が暗号技術世界一となれば、アメリカは覇権を失うことを意味する。第二次世界大戦でアメリカがドイツに勝てたのは、当時最高の暗号といわれたドイツのエニグマを解読できたことが大きい。それは英米の暗号解読技術とコンピュータ技術があったためだ。また、米ソ冷戦時代にソビエトのスパイを逮捕できたのも、アメリカの暗号解読技術が高かったおかげだ。

 つまり、コンピュータの世界で後れを取ると、相手の暗号を解読できなくなり、逆に相手に自国の暗号をすべて解読される事態になってしまう。視点を変えると、この暗号技術を掌握することは軍事覇権のみにとどまらず、デジタル冷戦時代においては「金融覇権」を取ることを意味する。暗号技術で一企業が世界トップとなり、すべてを解読できるということは、ブロックチェーンという暗号から成り立つビットコインの価値がなくなってしまうことを意味する。暗号通貨の暗号が解読されてしまったら、改ざんされて通貨としての価値がなくなってしまう。グーグルの量子コンピュータ技術論文が発表された直後からビットコイン価格が急落し、IBMがそれを否定した後から反発し始めたのは、そういうわけだ。

デジタル冷戦は通貨覇権の争いへ

 したがって、米中の量子コンピュータによる暗号技術競争のゴールは、暗号通貨の覇権を握ることだ。トランプ大統領の娘のイバンカがツイッターで、「暗号通貨は金本位制にすべきだ」という意味深長な言葉を発したが、これは既存の暗号通貨価値を揺さぶる牽制球だ。

グーグルの量子コンピュータ成功発表に「重大な欠陥」と批判…背景に米中覇権戦争の熾烈化のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事