NEW

滋賀県警、調書捏造…軽度発達障害のある女性、冤罪で12年服役 刑事の証人喚問を拒否

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西山美香さんと池田良太弁護士 11月12日 大津市

 卑劣な刑事によって、人生の長い時間を奪われた元看護助手に来年3月、ようやく春が訪れる。

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年5月、72歳の男性患者の呼吸器を外して殺したとされ、殺人罪で12年服役した西山美香さん(39)の再審公判が来年2月に始まり、3月末に無罪判決が言い渡される見通しになった。11月12日に大津地裁で開かれた検察、弁護団、裁判所の三者協議で決まった。同日会見した西山さんは「(法廷で)何を聞かれるのか不安もありますが、正直に述べれば裁判所も検察もわかってくれると思う」などと話した。 

 三者協議では、弁護側が検察側に求めた証拠開示請求で、患者が痰を詰まらせて死亡した可能性があるとした医師の見解を記録した捜査報告書や、西山さんが「患者さんにカバーをかけていたら外れたと思う」と殺意を否定した内容の自供書などを、警察が検察に送っていなかったことがわかった。井戸謙一主任弁護人は「警察がすべての証拠を検察に送っていれば西山さんは有罪にならなかったはずです」としている。

「法廷で痰詰まりはないと言っていた医師が、それ以前に痰詰まりの可能性があるとしていた調書があったのには驚いた。確定審までにすべて出ているはず、と思っていたのに、多くが警察の手元に残されていた」(井戸弁護人)

 この鑑定医が警察の意のままに意見を変更させた疑いも濃厚だ。

 自白調書は、西山さんが優しい言葉に恋慕の情を抱いてしまったことを逆手に取った、滋賀県警の山本誠刑事による捏造である。調書では「呼吸器を外した」あと、「(男性患者が)目をぎょろぎょろさせて、ハグハグと苦しそうに口を開けていた」とか、1分以内にボタンを押せば音が止まる仕組みになっていた人工呼吸器のアラームについて、「頭の中で60数えて1分になる前にボタンを押した」などと、臨場感たっぷりの内容になっている。

 しかし、酸欠になった人が口をハグハグすることなど医学的にあり得ないことや、軽度の発達障害を抱える西山さんは日常生活に支障はないが、数字が苦手で頭の中では60まで数えられない。まさに調書が山本刑事による完全な捏造であることの証しだ。

自白調書以外の証拠なし

 会見で筆者は西山さんに「頭の中で60まで数えられないというのは本当ですか」と訊ねた。「20くらいまではわかるんですけど、40とかになるとわからなくなるんです。20まで数えて、もう一度1から数え直したりしてるんです」などと話した。調書捏造を証明する重要な鍵なので、会見終了後にも筆者は西山さんに「頭の中で60まで数えられないことを報道で公にしてもいいですか」と訊ねた。西山さんが人々から誤解されてしまう懸念を感じたためだが、西山さんは「全然構いません」と断言してくれた。

 ところが筆者は、そこで「時計はしていなかったのですか?」と訊いてしまった。西山さんは「時計はしていたはずですけど」と戸惑ったように答えた。これ以上ない愚問だった。そもそもすべては山本刑事がつくった架空の話であり、西山さんはアラーム音を消す仕組みも知らなかったのだ。西山さんへ愚かで失礼な質問をしたと後悔している。

滋賀県警、調書捏造…軽度発達障害のある女性、冤罪で12年服役 刑事の証人喚問を拒否のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事