NEW

かつて鉄や岩石を加工する秘密兵器が存在した? その正体は生物か放射性物質か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソロモン王のシャミル

 ユダヤ教徒の聖典『タルムード』の「ゲマーラー」には、石、鉄、そして硬い宝石をも切断・崩壊させる力を持った「シャミル」が登場する。その謎めいたシャミルは大麦の粒ほど小さいものの、超自然的な工具になり、ソロモン王(紀元前1011年頃~ 紀元前931年頃)はエルサレムの聖なる「ソロモン神殿」の建設において、それを切削に用いたとされている。平和を謳うソロモン神殿の建設には、戦争や流血を生み出しうる道具の使用は不適切とされ、石を切り出すことは許されず、シャミルが使用されたのである。

『タルムード』とその注解書によると、シャミルの使用は少なくとも紀元前16世紀または紀元前13世紀頃に活躍したと推測されるモーセの時代に遡り、モーセは胸当てに埋め込む宝石の加工にシャミルを用いたとされている。

 現代では、空想の産物として片づけられてしまいそうだが、石を切り出さずして、加工しうるシャミルとは、いったいどのようなものだったのだろうか?

 シャミル(Shamir)という言葉は、アラム語で「火打石のような」という意の「shamira」に由来し、硬い物質でできたペン先(エレミヤ書17:1)や鋭いトゲ(イザヤ書5:6)として使用されてきた。

 アビシニアの伝説では、シャミルは木材かハーブのようなものとされる。一方、中世のユダヤ教徒のラビで哲学者のマイモーニデスやフランスの学者ラシは、それを生き物だと考えた。というのも、『タルムード』では、ある生き物の一瞥が木材や石を割ったとあるからである。そして、それを蠕虫、すなわち、ミミズのような生き物とみなす人々が増えた。だが、偽典とされる『Testament of Solomon(ソロモンの聖書)』では、大司祭の胸当てに使われる宝石と似た緑色の石とみなされている。

 シャミルがどのようなものであれ、あらゆるものを割ってしまうため、扱いには極めて注意を要したという。保管する素材の選択は特に重要で、鉄のような金属容器に直接入れられることはなかった。それは、羊毛にくるまれ、大麦のぬかで満たされた鉛の籠に保管されたのである。他の素材では、その貫通力に抵抗性を示さなかったからである。

かつて鉄や岩石を加工する秘密兵器が存在した? その正体は生物か放射性物質かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事