NEW
ヘルス・ライフ

セリア、今絶対買うべきグッズ5選…べんり焼き、シリコーンミニミトン、ニットグローブ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 時代が平成から令和に移り変わっても、100円ショップ業界の人気は衰えることを知らない様子だ。業界3強の一角を担う「セリア」は、“安かろう悪かろう”な業界イメージを払拭するような、おしゃれかつ高品質なアイテムを日夜生み出し続けている。

 そうしたブランドイメージのかいあってか、2019年の7月から9月末までの売上高は879億6900万円。前年同期と比べると、5.5%も増えている。消費増税による節約ブームは、低価格商品が主力のセリアにとっては好都合な側面もあったのかもしれない。

 店舗数も拡大しており、2019年9月末の時点でセリアの直営店は1582店舗、フランチャイズ(FC)加盟店は46店舗に達している。複合施設の中に居を構えるインショップ形式から、街道沿いなどに居を構えるロードサイド形式まで、出店地域の状況に合わせた柔軟な出店計画も、その躍進に一役買っているだろう。

 そんなセリアではどういった優秀アイテムが売られているのか、今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が独自に調査。寒さを増してきたこの冬に持っておきたい「買うべきセリアの便利グッズ5選」をチョイスしたので、買い物の一助になれば幸いだ。

ニットグローブ ノルディック柄/110円(税込、以下同)

 セリアといえば、100円ショップ業界でもおしゃれで“高見え”する商品展開が強みだが、冬物の衣類にも良品が揃っている。こちらの「ニットグローブ ノルディック柄」は、ベージュとターコイズの組み合わせがきれいなデザインで、着け心地は程よい締めつけ感。手首や指が痛くなることはなく、もちろん暖かさもバッチリだ。これだけのクオリティーで110円なのだから、買わない手はないだろう。

 なお、このニットグローブはセリアの「WINTER SERIES」というシリーズ商品のひとつである。同シリーズには冬物のソックスなども見られ、タウンユースに使えるアウトドアブランドのようなカラーリングとデザインになっているため、あわせてチェックしていただきたい。

LEDランタン/110円

 実は前々から、アウトドアキャンパーたちの間で「高コスパの隠れた良品」として知られていたのがセリアの「LEDランタン」だ。

 ランタンにはガス式やガソリン式などの種類があるが、いずれもサイズが大きめで、かさばりがちなのが難点。あまり大量には家から持ってこられないため、「テーブルに人がまだいるけど、自分はもうテントで休みたい……」なんて場面では、数が不足してしまうだろう。

関連記事