NEW
ジャーナリズム

野村克也さん、不倫スキャンダル&監督電撃解任事件の真相…襲った球界追放の危機

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野村克也さん(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 日本のプロ野球界を支え続けてきた“名将”が、また一人去った――。

 ヤクルト、阪神、楽天で監督を務め、現在は野球解説者としてその“ぼやき節”が多くの人々に親しまれてきた野村克也さんが11日、死去した。

 現役時代は南海(現ソフトバンク)で約20年にわたり“不動の正捕手”の座を守り続け、打者としても歴代2位の通算657本塁打を誇るなど活躍。引退後のヤクルト監督時代は、万年Bクラスだった球団に独自の「ID野球」を取り入れ、9年間で4度のリーグ優勝、3度の日本一という奇跡を導いた。

「野村さんは戦後初の三冠王に輝くなど球界を代表する名選手でしたが、実は高校卒業後に南海のテスト生として入団したことが、その後長く続くプロ野球人生のスタートでした。母子家庭で育った野村さんの実家は貧しく、入団の際に球団関係者からごちそうになって初めて食べたハヤシライスのあまりの美味しさに涙を流し、一生ハヤシライスを食べられるように一流の選手になろうと決意したと、語っていました」(スポーツ紙記者)

 野村さんといえば、2017年12月に死去した沙知代さんとの“おしどり夫婦”ぶりが有名だった。2人は野村さんがまだ前妻と婚姻関係にあった1970年に出会い、その8年後の78年に結婚。かたちの上では不倫関係から始まったといえる。

「野村さんは70年から南海の選手兼監督を務め、その年に試合のために上京して東京・後楽園の宿泊先ホテルの中華レストランで食事をしていたところ、お店の人から紹介されるかたちで、たまたま来店していた沙知代さんと出会いました。すでに離婚して子どももいた沙知代さんは当時、野球にまったく興味がなかったため、野村さんのことも知らず、その場で子どもに電話をかけ『今、野村さんという人と一緒にいるんだけど』と伝えると驚かれたため、野村さんに興味を持ったと本人が語っています。一方の野村さんも、出会った当日か翌日の試合に沙知代さん親子を招待しているので、2人の間には通じるものがあったのでしょう。

 その時点で野村さんは妻がいる身だったことは事実ですが、夫婦関係は破綻してすでに別居していたので、妻を捨てて沙知代さんに走ったというわけではありませんでした」(同)

南海監督解任事件

 そんな2人が結婚に至るまでには、出会いから8年を要したが、その裏ではある有名な事件が起きていた。野村さんが南海の選手兼監督だった77年、2人の“不倫スキャンダル”、さらには沙知代さんが球場の監督室などに我が物顔で現れて球団運営に口を出していると大々的に報じられたのだ。

関連記事