NEW
連載
三浦展「繁華街の昔を歩く」

埼玉&東京北側の逆襲…女性が本当に住みたい街調査で意外な結果、船橋や西東京市が人気

文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

足立区北千住の繁華街(Getty Imagesより)

 2月に『首都圏大予測〜これから伸びるのはクリエイティブ・サバーブだ!』(光文社新書)を上梓した。近年、東京都心の人口増加と反比例して郊外住宅地の人口減少が問題視されているが、そういうなかで果たしてどんな郊外が生き残るかを、私はこの数年考えてきた。その総決算が本書である。

 まず昨年、三菱総合研究所の3万人調査「生活者市場予測システム」に追加調査として、首都圏居住男女2400人を対象に「住みたい郊外調査」を行ない分析をした。また2014年から19年の住民基本台帳を基に直近の人口移動状況を分析。さらに2015年の国勢調査小地域集計を基に、市区町村ではなく、何町何丁目という町丁別に分析を行なった。

 ひとつの結論としては、埼玉と「東京北側」の逆襲という現象が起こっている。たしかに20〜40代を中心に23区への人口移動が起きているが、23区から郊外への人口移動はもっと多く、特に埼玉県への移動が多いことがわかったのだ。これは、もともと埼玉県で生まれ育った現在の40歳前後の世代が、神奈川、千葉で生まれ育った同世代よりも人口が多く、彼らが東京から埼玉へ戻ってきていることが重要な原因である。また、外国人が埼玉県に増えている。特に、新宿、大久保、池袋、上野などに多いアジア系の外国人が、川口、蕨などに転入していることが第2の原因である。

『首都圏大予測〜これから伸びるのはクリエイティブ・サバーブだ!』(三浦展/光文社新書)

 23区内で見ても、近年は足立区、荒川区、豊島区といった「東京北側」の区が地価上昇ベストテンの9地区を占めている。これは中央区、江東区、港区など東京都心から南、東にかけての開発が一段落し、特に東京五輪後にほぼ終息すること、そしてそれらの地域のマンション価格が高騰しすぎて普通の人々には手が届かなくなったことが理由であろう。そのためこれまでは地価の安かった足立区、荒川区、豊島区などの北側の土地をデベロッパーが買いあさり、マンション用地として確保し始めたということが地価上昇の理由である。

 そうやって開発してみると、たしかに東京北側にはさまざまなメリットがある。たとえば荒川区東日暮里(日暮里駅東側)に住むと、上野、秋葉原、神田、東京、有楽町、新橋〜品川といった都心業務地に非常に近い。文化的にも上野の音楽、芸術、秋葉原のアニメなど充実している。日暮里から京成で成田空港には33分である。もちろん羽田空港も近い。つまりサラリーマンにとっては非常に便利。しかも家賃は中央線でいえば吉祥寺と同じ値段で、駅から近くほぼ新築の物件が借りられるのだ。特に共働きの多い現代の夫婦にとってこれらは非常に魅力的であろう。

 また現代の30〜40代は就職氷河期世代でもあり、ブランド志向が弱いといわれている。格好をつけて吉祥寺とか自由が丘とかに住もうと思わない人が多い。そういうシンプル指向の価値観も、東京北側や埼玉県の人気を押し上げる一因であろう。

関連記事