NEW
ジャーナリズム

森友・籠池夫妻に不当判決…検察が勝手にストーリー創作、村木厚子氏・証拠捏造事件と同じ

文=青木泰/環境ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

判決後、いつものツーショットではなく、一人で大阪地方裁判所の南門で囲み取材を受ける籠池諄子氏(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 森友学園の詐欺、詐欺未遂事件は2月19日、大阪地裁で異例の弁論再開に入った。昨年10月30日に一度は結審していたが、予定されていた判決の前に、検察側が論告求刑への説明を行い、弁護側が反論して午前中に結審し、判決に入った。判決では、主文で被告人の森友学園前理事長、籠池泰典氏を懲役5年、妻の諄子氏を懲役3年・執行猶予5年とした。諄子氏は大阪府・市の補助金詐欺については無罪となった。泰典氏は公判後、そのまま大阪拘置所に拘置され、予定されていた囲み記者会見は、泰典氏に代わって諄子氏が一人で行うことになった。会見には、保釈資金を提供(貸し付け)した「青汁王子」として知られる三崎優太氏も参加し、有罪判決の後とは思えない明るい記者会見となった。

 ・「スタンダップTV」参照

 刑事訴訟の判決は、求刑に対して7掛けが相場といわれている。泰典氏への判決は、求刑懲役7年に対して「7×7=4.9」で懲役5年は予想通りだが、諄子氏の執行猶予付き懲役3年、そして大阪府・市関連の罪状について無罪というのは意外な展開だという。泰典氏が公判を通して諄子氏の無罪を一貫して主張してきたことに加え、日本は夫婦同罪とする野蛮国だという批判や、検察の論告求刑の誤りを追及する市民の声などが、この「相場」を打ち破る力となったのであろう。

 大阪拘置所に収容された泰典氏は、その日のうちに保釈される予定が翌日となり、大阪地裁が保釈を決定した後に大阪高検が異議を申し立て、大阪高裁の判断に委ねられ、結局収容は3日間に及んだ。保釈されたのは21日の20時になった。検察は市民から「有罪の犯人をすぐ保釈するのか」というお叱りの電話が相次いでいたためだと説明していたようだが、保釈直後の記者会見で籠池氏が判決の不当性を堂々と主張することを避けたかったのだろう。

 メディア対策は、権力にとっても国民にとっても重要となっている。

天真爛漫、諄子さん劇場

 会見で諄子氏は約50人の取材陣に取り囲まれ、以下のように語り、まったく型破りな会見となった。

「主人は立派だなと思いました」

「行ってらっしゃい」

――ご自身の判決についてどう受け止めていますか?

「神様にお任せしています」

「この不当な裁判に納得できません」

「サステナブル(補助金受給)を主導したのは主人というのは酷すぎます」

「今、護送車で連れられて行きました」

――判決言い渡しの時に手をつないだのは?

「手を握ったのは、300日の勾留でしもやけになったお父さんの手を温めたかっただけです」

 聞かれていることに答えるだけでなく、三崎氏の姿を見つけると、「青汁王子さん来てください」と自分の隣での発言を促し、「保釈金を貸してくれました」と紹介した。いつの間にか会見を仕切っている。