【完了】中国、知られざる驚愕の教育内容…小6で日本の中3レベルの英語、道徳で習近平思想教育の画像1
「国家中小学網絡云平台」より

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため封鎖が相次ぐ中国。リモートワークへと移行する企業も増えている。そうしたなか、対応に追われているのが中国各地の学校だ。通常、中国では春節明けから新学期が始まる。ところが多くの学校では、新型コロナウイルスを理由として休校になっているのだ。

 当初は各学校が生徒各自に対し、自宅で自習するように指示を出していたが、17日からは中国の教育省によるオンライン授業システムが始まった。自習用サイトの名前は「国家中小学網絡云平台」

 このサイトは「中国教育テレビ」が所有する映像などを利用したもので、中国の学校で教えられている各教科を、5000万人が同時に自習することができるとしている。中国国内の報道では、サイトを開設した17日の20時時点で800万アクセスに達し、国内はもとより47の国と地域からアクセスがあったという。合わせて、訪問者の85%がスマートフォンやタブレットなどのデバイスを利用していることも報じられている。

 また、5000万人の安定したアクセスを維持するために、百度、アリババ、中国電信、中国移動、ファーウェイなど名だたる中国の企業が、このサイトに協力しているという。

 長引くコロナウイルス対策のなかで、教育の崩壊を未然に防ぐべく、国家の威信を賭けたプロジェクトともいえる自習サイトだが、海外からもアクセスできるため、これまであまり知る機会のなかった、中国学校教育の中身を知ることができるようになった。

習近平による思想教育の中身

 中国では、6年制の小学校のあとに3年制の初級中学までが義務教育(5・4制の学校もある)。以降、大学などで高等教育を受けることを前提とした高級中学校に進むか、職業学校などに進むかを選ぶシステムだ。このうち、サイトではオンラインでの20分程度の授業動画に加えて、義務教育内の教科書がすべて読めるようになっている。英語の教科書が、小学校6年生のものですでに日本の中学校3年生レベルであったり、知識を詰め込むタイプの教育が行われていることもわかり興味深いが、もっとも注目すべきは道徳教科書である。

 小学校6年生の道徳教科書を見てみると、公共の福祉や地球の環境問題、世界平和などがテーマになっている。それ自体は、日本の教科書と変わらない。ところが、なぜか執拗に「そのために中国ではこんな法律がある」という註釈が入っているのだ。

 たとえば、混雑したバスのイラストを提示して、社会生活において寛容な心を持つべきことを記している項目では、公共の安全に危害を加えた者を処罰する中国の刑法が紹介されている。

関連記事