安倍政権がコロナ報道へ反論開始のなか、『新聞記者』のアカデミー賞受賞は称賛に値するの画像1
映画『新聞記者』公式サイトより

 安倍の暴走、アベ友の跋扈、野党の非力ぶり――。日々、うつうつとしてきたが、3月6日、グランドプリンスホテル新高輪で行われた第43回日本アカデミー賞の最優秀賞の授賞式のテレビ中継を見て快哉を叫んだ。最優秀作品賞は『新聞記者』。最優秀主演男優賞は松坂桃李、最優秀主演女優賞はシム・ウンギョン。『新聞記者』で3冠。日本アカデミー賞を制覇した。

 3月7日付東京新聞朝刊社会面。「『新聞記者』3冠 日本アカデミー賞」の見出しで、松坂とシム・ウンギョンが並んでインタビューに答える写真付きで報じた。<『新聞記者』は本紙社会部の望月衣塑子記者の著書「新聞記者」を原案に、公文書改竄、政権への忖度などタイムリーなテーマを題材に権力とメディアの攻防を描いた>とした。目立つカコミ記事である。

 産経新聞はベタ記事。「『新聞記者』3冠」とした。作品賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞したことを伝え<『新聞記者』の藤井道人監督は「本当に、本当にうれしいしか言えないです」と喜びを語った>と短かったけれど、きちんと記事として扱った。

 読売新聞社会面。ベタ記事以下のレッチでの扱い。お知らせである。「日本アカデミー賞発表」の見出しには、思わず笑ってしまった。見出しに『新聞記者』を出したくなかった気持ち、それは安倍官邸の気持ち。よくわかるよ。しかし、新聞の報道としてはいかがなものか。<女性新聞記者の奮闘と男性官僚の葛藤を描く社会派サスペンス『新聞記者』が作品賞など3部門で最優秀賞を受賞した>と書いている。社会派サスペンスとは少し違うんだよな。<新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般客の観覧と、報道各社による取材を中止して行われた>の文字数(情報量)は、本作の内容を紹介したそれとほぼ同じであった。

 最優秀賞の対象となる優秀賞受賞作品・受賞者は1月15日に発表された。作品賞は『新聞記者』のほか、『キングダム』『翔んで埼玉』『閉鎖病棟―それぞれの朝―』『蜜蜂と遠雷』の5本。『蜜蜂』が本命。『新聞記者』は大穴だが、よく優秀作品賞に入ったものだ、というのが筆者の見方だった。

 優秀主演男優賞は松坂桃李、笑福亭鶴瓶(『閉鎖病棟―それぞれの朝一』)、菅田将暉(『アルキメデスの大戦』)、中井貴一(『記憶にございません!』)、GACKT(『翔んで埼玉』)。菅田の『アルキメデス』での演技は特筆ものだった。鶴瓶は獲りたかっただろうな。もしかして『新聞記者』もあると思っていたが、ズバリ、松坂だった。

 優秀主演女優賞はシム・ウンギョン、二階堂ふみ(『翔んで埼玉』)、松岡茉優(『蜜蜂と遠雷』)、宮沢りえ(『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、吉永小百合(『最高の人生の見つけ方』)。シム・ウンギョンは最有力の下馬評で、予想通り受賞した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合