【完了】東大・高校別合格者、名門私立がトップ10独占…女子高・桜陰と公立中高一貫が存在感示すの画像1
「gettyimages」より

 全国の高校の今年の東京大学合格数がおおむね出そろった。伝統的に毎年、一定数の合格者数を出し続けている名門の常連校に加え、ここ3年でめきめきと頭角を現してきた新興勢力の動きも著しい。今年の高校別東大合格者数に関して、大学入試に詳しい評論家の島野清志氏に話を聞いた。

名門私立が上位独占し意外性のない結果

――3月17日現在、筑波大付属駒場高校の合格者数は発表されていません。同校を除いた上で、各高の合格者数は上から順に開成高校が185人、女子高の桜陰高校が85人、灘高校79人、渋谷教育学園幕張高校が74人、麻布高校が63人、聖光学院高校が62人、海城高校が59人、栄光学園高校が57人、西大和学園高校53人、ラ・サール高校41人、東京都立日比谷高校が40人などとなっています。

島野清志氏(以下、島野) 毎年ベスト10に入る名門私立高校が並んでいて、意外性はあまり感じられない結果になったと思います。ここのところ、都立日比谷高校の躍進が注目されていましたが、今年は残念ながらベスト10入りは果たせませんでした。

 ただ桜陰は女子高で85人という数字です。東大入試は、従前から圧倒的に男子有利な状況が続いています。開成、麻布、海城、栄光、灘は男子校です。そのなかで、この数字は実数以上の意義があると思います。

生徒数で比較・西大和は今年度がピークか

――急成長という意味では、西大和学園高は一昨年の合格者数約30人から毎年10人ずつ合格者数を伸ばしています。

島野 確かにそうですが、同校の合格者数は本年度がピークではないかと予想しています。同校が所在する奈良県には、古くから東大合格の登竜門と言われている東大寺学園高校(東大合格者数36人)があります。同じ県内に競合する進学校があるので、どうしても優秀な生徒が二分してしまいます。

 また東大など難関校への進学を希望する保護者の方々は、人数そのものより、その高校の生徒数に占める東大合格者数の割合を注目する傾向があります。例えば、東大寺学園高は1学年約200人なのに対し、西大和学園高は約380人で2倍です。母数が大きい方が合格者数も増えます。そう考えると、開成も1学年400人弱の生徒数ですが、桜陰や灘は200人前後です。生徒数の倍の開きがある場合は、合格者数も倍にしてみると比較がしやすくなります。

――昨年まで注目されていた都立日比谷高校など公立高校はトップ10に入れませんでした。

関連記事