NEW
ジャーナリズム

大阪知事、厚労省文書根拠の往来自粛に「読み間違い?」と疑義、擁護も…府民の委縮招く

文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

吉村洋文大阪府知事の公式Twitterアカウントより

 新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、大阪府吉村洋文知事(44)が19日にテレビ出演中、「20日からの3連休中は大阪と兵庫の間で不要不急の往来を自粛してほしい」と呼び掛けた。「爆発的な感染がいつ起きてもおかしくない」として、特に兵庫県で感染が広がっていることを示し、厚労省から提示された文書を根拠としてあげた。しかし、これに大きな疑義が出ている。 

 吉村知事は20日夕方にも出演していた在阪民放局のテレビ番組で「県(府)境超えの往来の自粛」を要請した後、府庁に押し掛けた記者団に「3連休で爆発的な拡大を防ぎたい」とした。さらに、「厚労省から説明を受けた。専門家から示された資料が根拠だ」として「独断」を否定したが、吉村知事が公表した厚労省の文書には、次のように書かれている。

「大阪府・兵庫県の全域において 感染源不明(リンクなし)症例が感染世代(5日程度)毎に増加。1人が生み出す二次感染者の平均値が兵庫県で1を超えている。見えないクラスター連鎖が増加しつつあり、感染の急激な増加が既に始まっていると考えられる」

 さらに、「必要な対策の方向性(案)」として「大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける」とある。文意は「大阪府内外と兵庫県内外」ということだろう。もちろん広義には県(府)境越えも「外」に含まれるかもしれないが、少なくても厚労省案は兵庫県と大阪府の往来の自粛を特に求めているわけではない。

 そもそも、大阪府と兵庫県の往来を自粛することにどんな意味があるのか。例えば、JRの尼崎駅(兵庫県)と大阪駅はたった2駅だ。しかし同じ大阪市内の天王寺駅から大阪駅はずっと遠く環状線で9駅。電車に乗っている時間は長いし、感染リスクも高い。「無意味」と判断したのだろう。知事の発言後もJR、阪神、阪急両電鉄など両自治体を結ぶ交通機関は特段の措置は取っていない。

県(府)境越え自粛に意味はあるのか

 吉村知事はさらに以下のツイートを投稿した。

「厚労省から受けたこの提案を重視し、方針を決定した。単なる有識者やコメンテーターが作成したものじゃない。国がこの書類を持って大阪府と兵庫県にわざわざ説明に来て提案された。重要な事実と判断して外に出した。多くのコメンテーターはこんな数字なる訳ないと思うだろうが、僕は無視できない」

関連記事