「無駄な時間が9割」でも…開高健ノンフィクション賞受賞作家が語るフィールドワークの画像1
※画像:『聖なるズー』(集英社刊)著者・濱野ちひろ氏

 動物との性愛という禁忌。その先に何があるのか。


 第17回開高健ノンフィクション賞を受賞した『聖なるズー』(集英社刊)は、とてもセンセーショナルな一冊である。


 著者はノンフィクションライターで、京都大学大学院に在籍する濱野ちひろさん。専門は文化人類学だ。


 濱野さんは4カ月にわたり単身ドイツに赴き、現地の動物性愛者団体「ZETA(ゼータ)」のメンバーたちにアクセスし、リサーチを行った。その方法は単純な聞き取り調査ではなく、彼らと生活をともにする「参与観察」という手法である。


 「ゼータ」のメンバーたちは自分たち動物性愛者のことを「ズー」と呼ぶ。そんなズーたちについてはインタビュー前編(※外部サイト「新刊JP」)を読んでいただくとして、この後編については、「研究者」としての濱野さんにフォーカスしてお話をうかがった。


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

 

■調査は無駄な時間が9割


――『聖なるズー』では参与観察という手法を使って、ズーたちの言葉や特性を見出していきます。私も実は社会学の分野で少し経験があるのですが、参与観察って対象者たちの生活に入り込んで、いわば同化しますよね。その中で「君は一体何者なんだ?」と問われることがあるんです。特にゼータメンバーへの参与観察は距離感の保ち方に戸惑いがあったのではと思うのですが。


濱野:その点については常に迷っていましたね。ただ、フィールドワーカーが100人いれば、100通りの参与観察の仕方があると思っています。


 王道の文化人類学の調査は、たとえばどこかの小さな村に入り込んでいって、年間を通して過ごす。季節ごとの儀式などを体験しながら、一年以上住み込むフィールドワーカーが多いと思います。村に入り込み、記述をしていくという方法です。


 私も文化人類学徒ですから、それに倣わないといけないというのはありましたね。でも、人によればズーと寝泊まりすることまではしなかったかもしれません。インタビューを中心とした調査もひとつの方法になるはずです。特にズーという人々は村を作っているわけではないですし。セクシュアリティ研究という特性上、彼らの家に寝泊まりまでしなくても、論文自体は書けたのかもしれないと思います。


――濱野さんは果敢にその中に飛び込んでいきました。


濱野:そうなんですよ(笑)。実際には、彼らのところに寝泊まりして本当によかったです。インタビューだけでは気づき得ない、さまざまな些細なことを彼らの日常を通して観察できたので。幸い、私が出会ったズーたちはすごく良い人たちで、そこには救われました。


 ところで、誰かと何日も一緒にいる場合、自分が研究者であるという役割に固執していたら、壁にぶつかる時があると思います。


 たとえばこの中にエドヴァルドという男性が出てくるんですけど、ズーのエドヴァルドではなく、一人の人間としてのエドヴァルドとして話をしました。彼にとっての私も同様でした。彼は、研究者としての私ではなく、一人の人間としての私と話してくれます。だから、2人で森の中を歩きながら語り合っていたとき、ものすごく重い話を打ち明けられたりもしました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ