在宅勤務・テレワークでサボっている気になる人は他人の都合に合わせがち?生産性向上の秘訣の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの流行は私たちの生活を一変させた。感染拡大を防ぐために「在宅ワーク」に切り替える企業も増えており、働き方をめぐって戸惑っているビジネスパーソンも少なくないだろう。在宅ワークをしている人たちに話を聞くと、「通勤がないのはいいが、家では集中できない」「家ではサボっているような気になる」「会社にいるときよりも疲れてしまった」など、自宅で仕事をする難しさや悩みを抱えているようだ。

在宅ワークが苦手な人の特徴とは?

『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』(文響社)の著者で、多くの企業で脳を活かす働き方を提案する作業療法士の菅原洋平氏は、在宅ワークが得意な人と苦手な人の特徴について、こう語る。

「職場と家では違うように思えますが、在宅ワークが得意な人は職場でも同じように働いています。自分自身で時間や作業をコントロールできるので、自宅でもしっかり仕事をこなせるのです。一方、『家ではサボっているような気になる』という人は、職場でも他人のペースに合わせて仕事をしていることが多いです」(菅原氏)

 自分の意志で仕事モードに切り替えられる人は環境に左右されないが、環境の変化や周囲の目が仕事のスイッチになっている人は、在宅ワークを苦手と感じるそうだ。特に後者は「電話の対応やメールの即レスなど、相手都合の働き方をしている人が多い」と菅原氏。

「金融機関で働く人に多いのですが、相手がかけてくる電話の対応やメール返信を優先しすぎると、生産的な活動をしていないにもかかわらず“仕事が充実している”と感じる傾向があります。そのため、電話の本数が減る在宅ワークでは仕事を奪われたような感覚に陥り、仕事モードに切り替えられないというケースもありますね」(同)

 まず相手都合の働き方を変えなければ、職場でも在宅でも生産的な仕事をするのは難しいという。一方、仕事を早く終わらせることができる人は“今は仕事を進める時間”と決めると、電話対応やメール返信をストップして自分の作業を優先するそうだ。つまり、在宅ワークによって普段の働き方が露呈してしまうといえる。

 また、菅原氏のもとには“在宅ワーク疲れ”の相談も寄せられるという。

「人間の脳は、目の前のタスクをこなしているときにほかのタスクの邪魔が入ると“疲れ”を感じます。在宅ワークでは、家でやるべきこと(家事)と仕事(業務)が重なり、より脳が疲れやすい状況になります。頭の片隅で『洗い物しなきゃ』なんて考えながら業務を進めると、職場で働くよりも疲れてしまいます」(同)

在宅ワークで生産性をアップさせる秘訣

 では、在宅ワークを効率的に進める方法はなんだろうか。

・「スマホを見ない場所」をつくる

 スマホは娯楽だけでなく、電話対応や業務連絡など仕事にも使える便利なツールだ。周りの目がない在宅ワークでは、用もないのにスマホを触ってしまうという人も多いだろう。そんなときは「スマホを触らない場所」を決めるのがおすすめだ。

『「疲れない」が毎日続く!休み方マネジメント』 脳のムダづかいを減らし、働きながら休息できて仕事の生産性が上がる。ノー残業デー、時短勤務、フレックスタイム制、フリーアドレス、テレワーク……「働き方改革」に振り回されない習慣のつくり方。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ