田崎史郎、玉川徹に「短絡的」と暴言…安倍政権のヤバさ露呈のためあえて田崎起用説浮上の画像1
『羽鳥慎一モーニングショー』公式Twitterアカウントより

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け7日、政府は改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出した。すでに国や自治体は外出の自粛を呼び掛けているが、なかでも感染者数が多い東京都は6日、緊急事態宣言が発令された場合として、医療機関での受診、生活必需品の買い出し、勤務先への出勤など「生活に必要な場合」以外の外出を自粛するよう要請したほか、学校、学習塾、映画館、ナイトクラブ、パチンコ店などを具体的が業種名をあげて休業を要請する意向を示すなど、踏み込んだ対応を見せている。

 緊急事態宣言の発出を受け、9日放送のテレビ各局の朝の情報番組はこぞってこのテーマを取り上げるなか、新型コロナをめぐる政府の対応へ批判的なスタンスが目立つことで知られる情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、出演者たちの熱い議論が交わされた。

 7日と8日に放送された同番組では、コメンテーターの玉川徹氏と政治ジャーナリストの田崎史郎氏が激しい論戦を繰り広げたが、この日も2人の議論は対立。緊急事態宣言の発令が遅いと指摘する玉川氏に対し、田崎氏は、強引に発令すれば批判や混乱を招く懸念があると政府の立場を説明。すると玉川氏は、国民の反発が出るか出ないかが大切だったのかと問いただした。

 また、新型コロナウイルスの治療薬として期待されている新型インフルエンザの治療薬「アビガン」について、安倍晋三首相は7日の記者会見で、すでに臨床試験で120以上の投与例があり、備蓄を200万人分に拡大すると説明した件もテーマに。元国立感染症研究所研究員で白鴎大学教授の岡田晴恵氏が、病床数が不足するなかで軽症者にアビガンを投与することができるようになれば重症者を減らせられる可能性があるとの見解を示すと、田崎氏は、首相官邸は積極的だが厚労省が慎重な姿勢だと説明した。

 番組内では、熱くなった田崎氏が玉川氏に向かって「短絡的」と発言する場面もみられたが、インターネット上では次のような声が上がっている。

「モーニングショーの最大の見所 田崎『玉川さんのように短絡的な考えで行ければ楽ですけどそうはいかないので』」

「番組中堂々と『玉川さんの様に短絡的に〜』って発言。玉川さん『正論を言ってる』と大人の対応。

「玉川君に反論したいだけの発言も良くない 今朝はとうとう『玉川さんのように短絡的な・・』と どっちが?と言い返したい」

「スシロー。政府にとって、というか安倍ちゃんにとって都合の悪い事を言われるとムキになって擁護してるけど」

「政府広報の顔をして専門家が言ってるんですからとか厚労省が消極的なんですと責任を押しつけたり…田崎スシローっていったいナニモノなんだよ」

「田崎さん もはやジャーナリストでも何でもないな 安倍政権広報担当」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ