NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

新型コロナ予防にBCG接種をしてはいけない…強い副作用の恐れ、取扱い方を知らない医師も

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了・なる早で】新型コロナ予防にBCG接種をしてはいけない…強い副作用の恐れ、取扱い方を知らない医師もの画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの予防を目的としてBCGワクチン接種を行い、副作用が発生するという事例が起きた。報道によると、「成人に“絶対にしてはならない”と明記してある皮下注射」を医師が行ったという。医師がBCGワクチン接種に関する基本を知らなかったことは驚きである。

 医師にとって、BCGワクチンの取り扱いは常識ではないのか、との疑問を持つ。BCGワクチンに詳しい有明こどもクリニック理事長、小暮裕之医師に聞いた。

「通常、BCGワクチンは生後11カ月(1歳未満)までに1回接種し、スタンプ方式という接種法により行います。医学部の授業で、BCGの基礎を学びます。医師となり普段、BCGにまったく触れることがないと忘れてしまう医師もいるのかもしれません。しかし、BCGの添付文書にも、『本剤は、経皮接種用の濃厚なワクチンであり、もし皮内等に注射すると強い局所反応を呈するので、絶対に注射してはならない』とあります。今回のニュースは同じ医師として、残念に思います」(小暮医師)

 通常通りBCGワクチンを接種した場合でも副作用は起きる可能性があるため、信頼できる医師なら事前に副作用について、しっかりと説明を行う。

「リンパ腺の腫れや接種部の化膿、まれに骨炎や全身性のBCG感染症、アナフィラキシーなどの重大な副反応があります。BCG接種を受けた皆さんは、接種箇所が赤く腫れた記憶があると思いますが、通常は接種後2週間過ぎくらいに赤く腫れてきます。しかし、コッホ現象が起きると、接種後2~3日でこういった症状が見られます」(同)

 コッホ現象は一種のアレルギー反応で、命にかかわるような重篤な症状に進行することはないといわれているが、このような症状が発現した場合には、速やかに医療機関を受診してほしい。

「新型コロナウイルスの予防にBCGが有効かもしれないというニュースを聞いて、接種したいと思う気持ちは理解できますが、日本の場合、高齢者以外はBCGワクチンを受けていると思います」(同)

 日本の場合は1949年よりBCGワクチンの接種を義務化している。つまり、現在71歳以下の人はBCGを接種している可能性が高いと考えられる。

「すでにBCG接種をしている人や、結核に感染したことがある人が接種すると、副作用が強く出てしまう可能性もあるので、新型コロナ感染症予防のためにBCGを接種することは推奨できません」(同)

 BCGワクチンが新型コロナウイルスに効果があるのではないかという説についても、冷静に受け止めるべきだと話す。

「現段階ではあくまで一考察、仮定にすぎません。今後、疫学的調査が行われ、さらに作用機序などの解明が必要です。今、感染が不安だからとBCGを接種することは適切ではないと思います」(同)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合