NEW
熊谷修「間違いだらけの健康づくり」

新型コロナ、血清アルブミンを増やす「肉食」がおすすめ…予防には、たんぱく質栄養を

文=熊谷修/博士(学術)、一般社団法人全国食支援活動協力会理事
【この記事のキーワード】

, ,

新型コロナ、血清アルブミンを増やす「肉食」がおすすめ…予防には、たんぱく質栄養をの画像1
「photo AC」より

 肉食が血清アルブミンを増やしシニア世代の老化を遅らせることがわかった(本連載28、29参照)。年初から世界中を震撼させ社会経済に大打撃を与えている新型コロナウイルス感染症はかなり手ごわい。今こそ、肉食の効能をみんなで享受するときかもしれない。

 感染症の専門家からは、予防免疫の開発と治癒寛解のための治療法が確立するまではリスク最小化のため自ら感染機会を減らすよう努力するしかないと真摯な発信がなされている。信頼できる研究成果の集積はこれからのため、不正確な情報を慎む態度が専門家には何より求められる。

 しかし、これまでの健康・栄養科学の研究で確立されたベーシックな知見の中には、この感染症の予防や重症化リスクを低減する手段に応用できるものがある。その一つが、からだの栄養状態と感染症リスクに関する知見である。感染症の多くは栄養状態の悪い国・地域で発生し蔓延することは歴史が教えてくれている。

 日本は長く結核に悩まされ、今もその最中である。戦前の結核は慢性的なたんぱく質栄養の悪さからくる免疫防御能の低くさが原因だ。1900年頃の日本の平均寿命は約40歳、45年たった1945年でも約50歳である。栄養状態が劣悪で感染症に弱い時代は寿命が延びない。超高齢社会の今の日本の結核は、老化による栄養状態の低下に気づかないシニアの間での感染の広がりだ。人類は感染症や栄養失調と今も戦い続けている。

 さて話を戻そう、新型コロナウイルス感染症はウイルスに感染しても80%はかぜのような軽症で寛解するようである。問題は残り20%の重症化するグループである。高齢者や持病を持っている者がこのハイリスクグループに属するとされる。このハイリスクグループは体内に老化や病気に起因する慢性炎症があるため、たんぱく質栄養をはじめトータルに栄養レベルが低い状態になりやすい。自ずと免疫防御能も回復力も低下する。

 実は栄養指標である血清アルブミンは、からだの炎症レベルや免疫防御能と密接に関係している。血清アルブミンはからだに炎症があると低くなる。例えば喫煙習慣がわかりやすい。喫煙者はハイリスクグループといえる。喫煙は体内で炎症をつくり出し慢性化させる。炎症の有無と程度を表す血液中の指標である「Cリアクティブプロテイン(CRP)」を喫煙者と非喫煙者で比較すると、明らかに喫煙者のほうが高い。逆に血清アルブミンは喫煙者ほうが低い。喫煙者は禁煙することでCRPが減り血清アルブミンが増え栄養状態が改善することは既知だ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ