NEW
小林敦志「自動車大激変!」

トヨタ新型ハリアー、カムリが販売トップの米国市場に投入でレクサスの販売増にも貢献か?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

トヨタ新型ハリアー、カムリが販売トップの米国市場に投入でレクサスの販売増にも貢献か?の画像1
トヨタの「ハリアー」(「トヨタ ハリアー | トヨタ自動車WEBサイト」より)

 トヨタ自動車の3代目「ハリアー」はほぼ国内専売モデルであったが、4代目ハリアーは北米市場での販売が計画されているとの情報である。北米市場で販売されるとなれば、今までの海外でのトヨタ車の販売の流れを見ると、中国市場でも販売される可能性は高く、事実中国市場でも販売されるのではないかとの情報がある。ここでは、新型ハリアーが北米や中国でもラインナップされるという前提で、その背景などを考察していくことにする。

 北米ではハリアーとは名乗らないようなのだが、新型ハリアーを北米で販売するという背景としては、「カムリのSUV版」という位置づけを狙っているのではないかと考えている。SUVが小型トラックにカテゴライズされるアメリカでは、「カムリ」が乗用車販売でトップ争いを繰り広げており、2019暦年締め年間販売台数でもトップとなっている。

 しかし、アメリカではすでに全新車販売台数におけるSUVの販売比率が4 割(日本の軽自動車並みに売れている)に迫っており、乗用車では販売トップのカムリだが、アメリカで販売されているトヨタ車のなかでの販売トップは、ダブルスコア近くの差をつけられて「RAV4」となっている。全体で見ても、ここのところ乗用車販売は前年比マイナスが続いており、前年比でプラスの続くSUV販売がアメリカでの新車販売を支えているといっていいだろう。

 アメリカで人気の高いSUVだが、2列シートモデルはパーソナルユース、3列シートモデルはファミリーユースとユーザー層が分かれているとのこと。クライスラーがミニバンを開発し、世の中にその存在を広めたのだが、そのクライスラーのホームタウンでもあるアメリカでミニバンは、トヨタ「シエナ」、ホンダ「オデッセイ」、クライスラー「パシフィカ」、起亜自動車「セドナ」など、ラインナップ自体も少なく、人気も今ひとつ。今では“ママ向け”ユースとして、3列シートのSUVをミニバン代わりに使うのが一般的となっている。

 アメリカでトヨタがラインナップするクロスオーバーSUVは、RAV4、「C-HR」「ハイランダー」の3車種。C-HRはもちろんだが、よく売れているRAV4も2列シートとなり、カジュアル色が強く、パーソナルユースを意識している。一方でハイランダーは3列シートとなり、新型になったばかりだが、それでもファミリーユース色が強く残っている。

 日本ではサイズの大きさが目立つカムリだが、アメリカでは日本のカローラ的なポジションとなり、“お父さんの通勤用のクルマ”という立ち位置が強い。つまり、アメリカでのトヨタ車のラインナップにおけるSUVには、カムリ的な立ち位置となるモデルが存在しないといえるのである。RAV4が今はカムリ的ユースを担っているようにも見えるが、RAV4は学生の通学用など若年層向け色が少々強いので、もう少しラグジュアリーで落ち着きのあるパーソナルSUVが欲しいところのように見える。

 つまり、ややアッパーな年齢層向けのパーソナルクロスオーバーSUVとして、車名は変わるにしても、新型ハリアーのラインナップはトヨタの北米販売にとっては強力な“助っ人”になるものといってもいいだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ