コロナ10万円支給でマイナンバーがまったく役に立たない…かえって国民の混乱に拍車の画像1
総務省 HP」より

 安倍内閣の新型コロナウイルス感染拡大への対策の評判がよろしくないのは、緊急経済対策の目玉である特別定額給付金の給付について、オンライン申請が渋滞を起こしているからで、その原因はマイナンバーと預貯金口座がヒモ付いていないことだと指摘する向きがある。しかし本当にマイナンバーが原因なのかを調べると、原因はまったく別のところにあることがわかってきた。

 高市早苗総務相が会見で「申請書類を待たず、マイナンバーカードによるオンライン申請を」と訴えたのは5月1日だった。オンラインだとスムーズに申請できるから書面による手続きより早く給付される、というのが骨子だった。同日に受け付けを始めたのは全国679市区町村。総務省の集計によると、ゴールデンウィーク明けの7日までに、申請件数は51万件を上回ったという。

 マイナンバーカードを利用するのは確定申告のときだけという人が、ここぞとばかりにマイナポータルにアクセスしたに違いない。筆者もその1人だ。

カード申請窓口が三密状態に

 以前はICカードリーダーを別途購入しなければならず、それがe-Tax(国税電子申告・納税システム)の利用を阻害する要因だった。しかし現在は NFC(Near Field Communication)機能を搭載した端末があればいい。◯◯PayやSuicaといった電子マネーが使えるスマートフォンにかざすだけだ。

 出だしは好調だった。ところが、これが市区町村の職員を悩ませることになった。マイナンバーカードの窓口に多勢の人が押し寄せ、3密状態が発生したのだ。オンラインだとスムーズに申請でき、書面手続きより早く給付される、それならマイナンバーカードをつくろうという人が急増したのだ。3月は1日当たり2万5000件強だった新規交付の申請件数が、4万件から5万件(1.5~2倍)に跳ね上がった。

 申請からカード発行まで最低1カ月かかることを知っている人なら、「書類が届くのを待ったほうがいい」と考える。また、運転免許証など本人確認ができる公的証明書があれば、パソコンやスマホで申請手続きができることが周知徹底されていれば、窓口に行列はできなかった。現在では多くの市区町村が「マイナンバーカードの作成には2カ月ほどかかります」と表示するようになっている。

 もう1つは、すでにマイナンバーカードを持っている人が暗証番号の確認や変更のために押し寄せたことだ。こればかりは窓口の職員との対面で、専用端末を操作しなければならない。オンライン申請をするには、マイナンバーカードを読み取って、マイナポータルにログインする必要がある。ログインするには数字4けたの「利用者証明用電子証明書暗証番号」(ログイン・パスワード)を入力しなければならない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ