NEW
戦略コンサルティングファームのケース面接tips(第1回)

コンサル面接「五輪メダル獲得のためマラソン人気高める方法は?」と聞かれた際の対処術

文=北原大道/ムービン・ストラテジック・キャリア
コンサル面接「五輪メダル獲得のためマラソン人気高める方法は?」と聞かれた際の対処術の画像1
「Getty Images」より

 戦略コンサルティングファーム(マッキンゼー・アンド・カンパニー、ベイン・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ等)が就職人気ランキングの上位にランクインするようになってから久しいが、未だ人気は衰える気配がない。

 事実、弊社(ムービン・ストラテジック・キャリア)へのご相談も一定以上の数を維持しつづけているが、一方で狭き門である戦略コンサルティングファームの面接で挫折し、転職活動自体を断念する候補者も後をたたない。

 今回は、そのようなチャレンジ精神溢れる候補者の皆様に少しでも参考になれば、との想いから、戦略コンサルティングファームで出題されるケース面接に対峙する際に覚えておきたいtipsを3回に分けてお伝えしていきたい。

※ なお実際のケース面接同様、解はなく、あくまで筆者の一見解であることを申し添えておきたい。

そもそも「ケース面接」とは何か?

「ケース面接」とは、戦略コンサルティングファームが候補者の“コンサルタントとしての素養”を測る目的で実施する面接形式を指す。“コンサルタントとしての素養”とは大きく以下2点に分類される。

※ 無論、業界知見等も広義の“素養”として含むケースはあるが、今回はあくまでソフトスキルに限定させて頂く

・論理的思考力

 → 課題を正確に定義し、幅出し及び深堀りし、優先順位を付けたうえで、対策を立案する力

・コミュニケーション能力

 → 上記を一定以上のスピードで、正確に伝える力

「ケース面接」の分類

「ケース面接」は大きく以下3つのパターンに分類される。

(1) フェルミ推定

(2) ビジネスケース

(3) (1)、(2)以外

 (1)のみが課されるケース、(1)→(2)に繋がるケースなど場合によって様々だが、今回は皆さんが比較的不得意とする②のケースを具体例とともに考えてみたい。

日本代表がオリンピックのマラソンでメダルを取るためには?

 ここからいよいよ具体的な例題に取り組みながらポイントを解説していきたい。

 2021年に日本でオリンピックが開催されることもあり、オリンピックを題材としたいと思う。皆さんはオリンピックに何を期待するだろうか? 多くはやはり日本代表の活躍(メダル獲得)であろう。

 では、例えばあなたがM社の戦略コンサルタントであると仮定し、日本陸上競技連盟から以下依頼を受けたとする。さて、どのような戦略を立てるだろうか?

【依頼】

(今年は無理だとしても)4年後に日本代表がオリンピックのマラソンでメダルを獲得するためにマラソン人気を高めたい。どうしたらよいか?(10分考えてみて欲しい)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ