テレ朝、驚異の人気女子アナ育成術…入社当日にデビューした宇賀なつみ、斎藤ちはるの画像1
注目新人の安藤萌々アナ(「テレビ朝日 HP」より)

 昨年春の改編期、テレビ朝日が思い切った人材起用をみせて話題をさらったことを覚えているだろうか。

 4月1日の入社日当日に、まさに新人1年目として入社する斎藤ちはるアナウンサーを朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングジョー』の2代目アシスタントMCに、いきなり大抜擢したのだ。

 しかも斎藤アナは、人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーだったことから、当然のように大きな関心を集めることになった。

 そんなテレ朝は、今年も新人女子アナを4月デビューさせているのだ。しかも、今年採用した3人すべてを、である。それが安藤萌々アナ、渡辺瑠海アナ、そして佐藤ちひろアナだ。

 とはいえ、これだけ新人女子アナを早々とデビューさせていると、「小川彩佳や宇賀なつみといった人気女子アナが相次いでフリーに転身したから、人材不足を解消するために焦ってぶっつけ本番よろしく起用したんじゃないのか?」と思う人も、なかにはいるかもしれない。

 だが、これは「ノー」である。というのも、テレ朝が新人研修も終わらないうちに新人アナを現場デビューさせるのは、今に始まったことではないからだ。

 というワケで、今回はテレ朝の新人女子アナでいきなりの4月デビューを果たした人材を一挙紹介する。過去にこれだけ存在するという事実に驚愕する。

4月1日にデビューした宇賀なつみアナ

 記念すべき第1号となったのは、2003年入社の前田有紀アナだ。実はこの年のテレ朝には、前田アナに加えて市川寛子アナと大木優紀アナの計3人が入社。のちに3人全員が人気女子アナになったという“当たり年”だった。そしてそんな人気3人娘のなかでも前田アナは、なんと入社わずか6日日にして、現在も放送中の人気サッカー情報番組『やべっちFC』の進行アシスタントに抜擢されたのである。まさに1番星として輝いたワケだ。

 この番組での前田アナは、メインMCである矢部浩之(ナインティナイン)から、ことあるごとにその天然ぶりをイジられ、一気に注目度がアップ。人気を獲得していくにつれ、スボーツ番組だけでなくバラエティ番組でも欠かせない、局の看板女子アナへとなっていったのだった。

 だが、である。まだまだ活躍できるはずの32歳の13年3月、英ロンドンへ留学するという理由でテレ朝を退社。現在はフラワーアーティストとして活動している。

 2番目に4月デビューを飾ったのも、これまたのちの人気アナである。今や“堂ちゃん”の愛称も懐かしい堂真理子アナがその人。04年4月の入社からわずか8日目で、あの『ミュージックステーション』の7代目サブMCに大抜擢されたのだ。

 そこから約4年5カ月、08年9月まで同番組を担当していたが、その間には朝の情報番組『やじうまプラス』のメインMCやゴールデンの人気バラエティ『ナニコレ珍百景』の初代進行アシスタント、そして深夜バラエティの『草野☆キッド』にも進行補佐役で出演するなど、さまざまなジャンルの番組で欠かせない人気女子アナとなっていった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ