【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「マンガボックス」は人気作も地道に一日一話で読破可能の画像1
iOS版「マンガボックス」アプリの起動画面

 スマホやタブレットさえあれば、いつでも、どこでも、数多くの作品が読める「電子マンガ」が人気だ。とくに、無料公開作品が多くて、インストールが手軽な「マンガアプリ」は、誰しも1度くらいは利用した経験があるのではないだろうか。

 どのアプリを利用するか、もちろん決め手はメインの「マンガ」の内容や量だが、ストレスフリーな読み心地を求めるなら、チェックしておきたいのがアプリの使いやすさだ。1日に何話まで無料で読めるのか。お気に入りの作品をブックマークできるのか。読む際のスクロールは縦か横を選べるのか……。快適度を左右するポイントはなかなか多いものだ。

 今回は、人気マンガアプリ「マンガボックス」の機能性を、実際に1週間使って検証してみた。

【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「マンガボックス」は人気作も地道に一日一話で読破可能の画像2
iOS版「マンガボックス」のトップページ

●マンガアプリ「ebookjapan」のレビュー記事はこちら

アプリやサイトへの無料登録でボーナスコインをゲット!

「マンガボックス」は、横浜ベイスターズでおなじみのDeNAが2013年12月4日から運営している週刊マンガ雑誌アプリ。新人育成をするために編集者は外部(講談社・小学館)から招聘しており、初代編集長は「週刊少年マガジン」の名物編集者だった樹林伸氏だ。

 読者層は当初30代を想定していたそうだが、実際には20代がメインで、男女比は6〜7割が男性。少年誌のイメージを守るためか、過激な表現には自主規制でモザイクがかけられることもある。

 多くのマンガアプリは、コインやチケットといったアイテムがユーザーに配布され、アイテムを消費することでマンガを読むことができる。アイテムの配布量や頻度はアプリによって異なるが、大体1日に1〜2回、1〜5話分が読める量が配布される場合が多い。

 マンガボックスでは「コイン」を使うことによって、読めなかったマンガが“開放”されていくのだが、ほかのアプリと大きく異なる点がある。1日に決まった量、決まった回数のアイテム配布が“行われない”のだ。

 では、どのようにコインを集めるのか。その前に、まずはコインを使わない読み方を説明しよう。マンガボックスは、作品ごとに最初の3〜7話分のみ無料で読むことができ、それ以降はコインを使って読むこととなる。1作品につき1日1話だけ、広告動画を視聴することで開放することができるが、この広告動画視聴ボーナスを使い切った後は、広告ボーナスがリセットされる翌日0時までは、コインを使って読み進めるしかなくなってしまうのだ。

 そこで、コインの集め方としては当然ながら課金が主な入手方法となってしまうのだが、無料で集める方法も存在する。「U-NEXT」や「FODプレミアム」「dマガジン」など、ほかのサービスやアプリへの会員登録をすればよいのだ。これにより、数百コインから、ものによっては数千コインをゲットすることができる。

 登録サービスのほぼすべてが有料サービスではあるが、無料期間が設けられている場合がほとんどなので、期間内に解約すれば料金はかからない。もちろん、ボーナスコインはなんなくゲットできる。1話の開放に必要なコインは30コインなので、1500コイン以上が手に入るサービスへ無料登録すれば、こうしたオトクな方法で50話も読むことができるわけである。

 ただし、無料お試し期間を使えるのは各サイトやアプリで1回だけ。コイン欲しさに、とりあえず登録→すぐ解約という操作をしてしまうと、本当に試してみたい期間にお試しができなくなってしまうので、登録は慎重に行ってほしい。

【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「マンガボックス」は人気作も地道に一日一話で読破可能の画像3
他アプリやサービスへの会員登録などで、コインをゲットできる

『鬼滅の刃』や『恋つづ』などが無料で試し読み可

 マンガボックスに掲載されているマンガを無料アイテムだけで一気読みしようとすれば、サイトやアプリへの登録作業が多くなってしまい、なかなか骨が折れるだろう。しかし、「最終話まで1日1話ずつ、じっくりと楽しみたい」という人には、むしろ向いているアプリだともいえる。

 というのも、一気読みには適していないだけで、全話無料で読める作品に限っていえば非常に豊富だからだ。広告動画を観て1日1話ずつ、無料で地道に読み進めれば、完結までお金をかけずに楽しむことができる。なお、完結まで無料で読める作品は予告なく更新され、読んでる途中でなくなってしまうこともあるので注意が必要だ。

 完結までは収録されていなくても、紙のコミックス換算で3巻分程度までは無料で読み進められる作品も多い。テレビドラマが話題だった『テセウスの船』(講談社、「週刊モーニング」にて連載)や、実写映画化も決まっている『弱虫ペダル』(秋田書店、「週刊少年チャンピオン」にて連載)などがそうだ。大人も楽しめるような人気作品が、途中までとはいえそこそこの量を無料で楽しめるのは、このアプリの特徴といえる。

 さらに、右上のショッピングカートのマークを押して表示される「マンガボックス ストア」も注目だ。このストアでは、電子マンガをコミックスの形態で購入すれば、無料ではないが、気になった作品を一気読みすることもできる。

 さらに、このストアにもオトクなポイントが潜んでいる。「マンガボックス ストア」では数多くの作品が「1巻丸ごと無料!」「3巻以上無料公開中!」といった出血大サービスを行っており、試し読みが充実しているのだ。アニメが爆発的にヒットした『鬼滅の刃』(集英社、「週刊少年ジャンプ」にて連載)や、「恋つづ」の愛称で知られる少女マンガ『恋はつづくよどこまでも』(小学館、「プチコミック」にて連載)などの話題作の数々が、無料で試し読みできてしまうのだ。

「続きが気になってしょうがない!」と思ったら、そのままコミックスの購入もOK。「ストア」でコミックスを買う際にも先述のコインが使えるので、うまくコインを使えばオトクに楽しむことも可能だ。

【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「マンガボックス」は人気作も地道に一日一話で読破可能の画像4
話題の人気コミック数巻分が無料で試し読みできる
RANKING