NEW
辻英之「オレの周りはゲームばかり」

ポケモン新作『ユナイト』は最強の座組で熱狂必至?スマホ×Switchのクロスプレイ可

文=辻英之
【この記事のキーワード】

, ,

 年齢性別を問わず愛されているポケモン関連のゲーム。近年ではスマートフォンで楽しめるタイトルも増えてきており、新たなファンの獲得にも成功している。

 強力なIPを活かしたビジネス展開のうまさには定評があるポケモンだが、6月24日に発表された新作ゲームで新たなゲームジャンルの覇権を狙いに来た。しかも、中国の巨大企業テンセントとの共同事業でだ。

位置情報ゲームをメジャーなジャンルにしたポケモンGOの功績

ポケモン新作『ユナイト』は最強の座組で熱狂必至?スマホ×Switchのクロスプレイ可の画像1

 一時に比べると落ち着いた感はあるが、『ポケモンGO』は今もなお継続プレイヤーが多く、繁華街や公園でスマホを手にしている人たちの画面が見慣れたポケモンのワンシーンということもよくある。位置情報を利用したゲームは、携帯電話(いわゆるガラケー)の時代からいくつかあったが、ここまでメジャーなジャンルになったのはこの『ポケモンGO』の功績と言っていいだろう。

 ポケモンGOは「Ingress(イングレス)」という位置情報を利用したスマホゲームを開発したNiantic(ナイアンティック)とポケモンが共同開発したゲームだ。Ingressでプレイヤーは、「THE ENLIGHTENED(グリーンチーム)」と「THE RESISTANCE(ブルーチーム)」のどちらかのチームの一員となって、陣取りを行う。この陣が位置情報を利用した現実のマップとリンクしているというわけだ。

 Ingressはオフラインイベントも活発に行われるなど一部の層に絶大な人気を博したが、ポケモンGOほどの拡大には至っていない。ポケモンGOヒットの理由として、「人気IPと組んで作ったゲームだからヒットしたんでしょ」と発想する向きもあるが、そうとも言い切れない。

 というのも、Nianticはハリー・ポッターIPを使った『ハリー・ポッター: 魔法同盟』という位置情報ゲームを配信しているが、こちらは日本ではヒットとはいいがたい状況が続いている。ハリー・ポッターの日本での認知度はじゅうぶんだし、実際ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)ではいつも混雑しているエリアの1つとして盛況なぐらいなのにだ。それぐらい、IPものゲームであっても約束されたヒットが通じない世界でもある。

 その点、ポケモンのうまさには脱帽する。最近でも『ポケモンスマイル』というアプリで子供の歯磨きをゲーミフィケーションするなど、とにかく自社IPを使ったゲームビジネスがうまいのだ。

ポケモンユナイトはMOBAをこう料理する

ポケモン新作『ユナイト』は最強の座組で熱狂必至?スマホ×Switchのクロスプレイ可の画像2

 6月24日に発表された『ポケモンユナイト』は、ポケモンIPを使ったMOBAだ。MOBA(モバ)とは「Multiplayer Online Battle Arena」の略称で、ゲームジャンルの一種。具体的には、2つのチームに分かれて敵チームの本陣にあるコアを破壊するタイプのゲームのことを指す。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ