NEW

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食

文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食の画像1
吉野家の店舗

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の要請は、外食業界に大きな痛手を与えた。格安かつおいしいメニューを素早く提供し、庶民の味方として広く人気を集めてきた牛丼チェーンも、例外ではなかったようだ。

“牛丼御三家”と呼ばれている吉野家すき家、松屋フーズが発表した3月の月次報告によれば、既存店売上高は揃ってマイナス。吉野家は前年同月比1.8%減、すき家は7.8%減、松屋フーズは5.2%減と、押しなべて苦しい状況にあったようだ。また4、5月も一様に売上高を減少させている。

 そこで、私たちの胃袋を支えてきた牛丼チェーン3社を応援するために、店頭を訪れたいという方は多いのではないだろうか。今回は「この夏、買うべき3大牛丼チェーンの商品6選」をご紹介する。

吉野家/肉だく牛丼(並盛)/491円(税別)

 今年5月掲載の「吉野家・すき家・松屋の今春ベスト6!ねぎだく牛丼、ガリたま牛めし、チーズアイス」では、牛丼の玉ねぎを増量した「ねぎだく牛丼」をご紹介した。これに続いて吉野家が投入した「肉だく牛丼」も、ぜひおすすめしたい商品である。

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食の画像2

 吉野家ファンたちの「牛肉をもっと食べたい」という要望にこたえるかたちで開発されたという、このメニュー。その並盛の具(牛肉・玉ねぎ)の量は、「牛丼(並盛)」の 1.5倍というボリュームで、丼に乗り切らない場合があるため、追加された具材は別鉢で提供されるほどだ。

「牛丼(並盛)」が352円(税別)だから、その価格差は139円と小さくはない。しかし、肉と玉ねぎが増量されていることを考えれば、むしろコスパは良いと言えるのではないだろうか。

 また、前述の通り“肉だく”分の具は牛丼とは別で提供されるため、「肉だく牛丼(アタマの大盛)」や「肉だく牛丼(超特盛)」といったぜいたくな注文方法を取ることもできる。夏バテしないスタミナをつけるには、もってこいのメニューだろう。

吉野家/牛皿・鯖みそ定食/698円(税別)

 次におすすめしたいのが「牛皿・鯖みそ定食」。吉野家の定食メニューのなかでも確かな人気を得ている「鯖みそ定食」と「牛皿」を一度に楽しめてしまう、豪華な一品である。

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食の画像3

 赤白の合わせ味噌を使用した鯖の味噌煮は「骨が入っていることに気がつかなかった」という人もいるほど、やわらかく煮付けられているとのこと。また、鯖にはしっかりと脂がのっているので、十分な満足感が味わえるようだ。

 吉野家のメインともいえる牛肉とおいしい魚を味わえば、スタミナと健康の両方が得られるはず。牛丼の印象が強い吉野家だが、魚を使用したメニューにも手を伸ばしてみてはいかがだろうか。

すき家/うな牛(並盛)/890円(税込)

 すき家からは、まず「うな牛」をご紹介したい。牛丼がメイン商品の同チェーンではあるが、実はうなぎにかなりのこだわりを持っているのだ。

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食の画像4

 公式サイトの説明によれば、手作業でさばいたうなぎにタレをつけて焼く工程を3回繰り返すことによって、ふっくら香ばしく焼き上げているという。手間暇がかけられているだけあって、うなぎメニューはかなりの好評を得ている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ