5年に一度のショパンコンクール、延期に…翻弄された4人の若き天才日本人ピアニストの画像1
第18回ショパン国際ピアノコンクール 公式ポスター

 今年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪に代表される多くのスポーツイベントが延期、中止などの影響を受けたが、それは音楽の世界でも同様だ。

 ポーランドの首都ワルシャワで5年に一度開催されるショパンコンクール(正式名「フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール」)は、モスクワで開催されるチャイコフスキー国際コンクール、ベルギーで開催されるエリザベート王妃国際音楽コンクールと並ぶ世界3大コンクールの一つで、若きピアニストたちの登竜門といわれている。

 日本人9人を含む19カ国74人の候補者が決まっていた、今年5月開催予定のエリザベート王妃国際音楽コンクール・ピアノ部門は、1年延期が決定。10月開催の第18回ショパンコンクールも日本人90人を含む過去最高の500人を超える応募者のなかから、書類とビデオ審査で予備審査に進む日本人31人を含む164人の候補者と、予備審査免除で本選(1次予選、2次予選、3次予選、ファイナル)に出場する11人の候補者がすでに発表されていたが、やはり1年延期と発表された。

 発表はショパンの生家前の庭から世界にライブ配信された。

「ソーシャル・ディスタンスを保つうえで聴衆をどうするかも検討されましたが、やはりこの芸術にとって、聴衆とのライブのコミュニケーションは欠かせない。聴衆なしのコンクール開催はできないと判断しました。第18回ショパンコンクールが私たち全員の期待通りに行われ、何十年にもわたって築かれた偉大な伝統が続くことを確認するための努力は惜しみません。2020年から21年への移行をできる限りスムーズに実行できるよう力を尽くします」(フレデリック・ショパン研究所のアルトゥール・シュクレナー所長)

 1983年創刊のピアノ音楽誌「月刊ショパン」の竹中郁恵編集長に話を聞いた。

「東京五輪も残念でしたが、ショパンコンクールは5年に一度なので、クラシック音楽のファンにとって、延期はショックだったと思います。主催するショパン研究所の会見では、2021年に延期して、次の第19回大会は予定通り25年に開催すると言っているので、もし来年も延期などになってしまうとどうなるんだろうとは思いますけどね。

 表紙は毎号ピアニストの写真で飾るのですが、今年はコロナのせいで会えない状況で、6月号と7月号の表紙はイラストになりました。6月号から11月号まで6カ月ぶちぬきでコンクールの連載を企画していて、それがちょうどコロナと同じタイミングで……。中止など最悪の事態も頭をよぎりましたが、開催への期待を込めて、連載することにしました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ