オービス取り締まり件数、大阪が突出して多い謎…いい加減な交通違反取り締まりの実態の画像1
名神高速に設置されているオービス(「Wikipedia」より)

 大阪ではオービスによる取り締まり件数が突出している。昨年のデータを見ると、東京は3432件、大阪は1万3957件と4倍に上る。

 車を持たない若者も増えた。「オービスって何?」という読者も少なくないだろう。制限速度を越えて、車を飛ばしていると赤くピカッと光る。これが「あなたは今スピード違反しました」というサインだ。後日、警察から呼び出され処分の手続きが行われる。道路の上部に設置されているもの、路肩に設置されているもの、さまざまな形状のものがある。正式名称は、速度違反自動取締装置である。

 オービスの設置数、取り締まり件数などのデータを、警察庁から情報公開請求によって入手したのは、交通ジャーナリストの今井亮一氏である。オービスの設置台数は東京が51台、大阪は45台で、大阪の方が少ない。それがなぜ4倍もの取り締まり件数になるのか。今井氏は語る。

「これはもう、設定速度を下げているとしか考えられません。それ以上の速度なら取り締まると警察で決めるのが設定速度です。現在、固定式オービスについては、赤切符になる違反を取り締まっています。違反を認め反則金を支払えば、刑事上の責任は問われないのが、青切符。違反を認めた上で手続きを進めても、刑事上の責任が問われるのが、赤切符です。

 赤切符というのは一般道では時速30キロ以上の超過、高速道路では時速40キロ以上の超過で切られます。ただオービスで取り締まる設定速度を、一般道ではぴったり時速30キロ、高速道路ではぴったり時速40キロとしていることは少ないと考えられます。ぴったりの速度で取り締まられたドライバーとしては、そこが青切符と赤切符の境ですから、オービスがおかしいんじゃないかとか、文句を言いがちです。だから一般道で設定速度を時速31キロにしたり、35キロとか45キロとか高めに設定しているところもあるはずです。大阪はそれを低めに設定していると考えられます。

 大阪は騒音とか振動とか、排気ガスなどの公害問題で、制限速度を下げたことがあるんですね。やたら広い道路なのに制限速度はやけに低いという道路が昔はたくさんあって、現在もけっこう残っていると思われます。だから他県から来たドライバーなんかが普通の運転の感覚で、広い道路だから大丈夫だろうとスピードを出して、制限速度を越してしまいがちになるんです。それで設定速度自体を下げているということが考えられます」

 今井氏が入手したデータを見ると、他にも不思議なことがある。新潟の取り締まり件数は、0なのだ。隣り合った山形は、213件。長野は596件だ。オービスの設置台数は、新潟が3台、山形が2台、長野が7台だ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ