【完了・早めでお願いします】黒川前検事長の賭け麻雀事件、4人組を一般市民らが告発…事件の根底に記者クラブの存在の画像1
告発人らは記者会見で、記者を実名で告発した理由を述べた(6月11日)

 次から次へとさまざまな出来事や事件が起き、人々の関心はほかの話題に移っていく。こうした人間の習性に期待して、事件の関係者は自然鎮火を望んでいるだろうが、そうはいかない。

 今年5月に発覚した、黒川弘務・東京高検検事長(辞職)と産経新聞記者2名、朝日新聞社員1名が、3年間にわたり月に2~3回の賭けマージャンをしていた事件である。

 不起訴(起訴猶予)になったこの事件を、消滅させてはならないと筆者に思わせたのは、YouTube動画『カメラを止めるな! 7月28日(前編)』(塩田康一鹿児島県知事の就任記者会見をめぐる県政記者クラブ「青潮会」とフリーランスとの戦いをスマホのカメラで撮り続けたドキュメンタリー。特に1時間56分ころから)を視聴したからである。

 編集なしの生々しい動画は、記者クラブはジャーナリスト集団というよりも、権力機構・統治機構の一部であることを示している。そして、日本特有の「記者クラブ制度」が今回の黒川4人組賭博事件の土台になっている。

黒川弘務検事長ら賭博4人組を告発…記者会見の最大の目的とは?

 黒川氏がマージャン賭博事件で検事長を辞任したのが5月22日。

 およそ3週間後の6月11日、「税金私物化を許さない市民の会」の呼びかけで48人が、賭博に参加した元東京高検検事長・黒川弘務氏、産経新聞記者・大竹直樹氏、産経新聞記者・河合龍一氏、朝日新聞企画室・大島大輔氏の4名を東京地方検察庁に告発した。

 

【完了・早めでお願いします】黒川前検事長の賭け麻雀事件、4人組を一般市民らが告発…事件の根底に記者クラブの存在の画像2
告発状本文

 同日、東京・霞が関の裁判所建物内にある司法記者クラブで、告発人らが記者会見に臨んだ。会見の最大の目的は、常習マージャン賭博に参加していた新聞記者および新聞社社員の実名を公表するためである。

 告発状によると、犯罪事実は次のとおり。

「被告発人である黒川弘務、同大竹直樹、同河合龍一及び同大島大輔は、平成29年ごろから令和2年5月ころまでの間、毎月数回程度の頻度で、東京都中央区にある被告発人大竹直樹の自宅マンション等において、金銭を掛けて麻雀を行い、もって常習として賭博をしたものである」

 法務省、朝日新聞社、産経新聞社がそれぞれ内部調査の結果を発表しており、まとめると次のようになる。

(1)4人組は3年前から月に2~3回集まっていた(法務省調査では「月1~2回の賭けマージャン」)
(2)緊急事態宣言期間中に7回集まり、少なくとも4回は賭けマージャンをしていた。
(3)毎回、数千円から2万円程度の金銭のやりとりをしていた。
(4)新聞社のハイヤーで黒川氏を送り、車中で取材していた。

 帰宅する黒川氏をハイヤーで、しかも無償で送り車内で「取材」したということだが、そこにもし捜査情報の漏洩が含まれていれば、ハイヤーの無料提供の見返りと解される余地がある。その場合、国家公務員法違反になる可能性が高い。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ