石垣のり子議員、安倍首相を「大事な時に体壊す癖がある危機管理能力のない人物」と揶揄の画像1
石垣のり子氏(参議院ホームページより)

 安倍晋三首相が辞任する意向を固めたことを受け、立憲民主党の参議院議員の石垣のり子氏(宮城県選挙区)が28日、自身のTwitterアカウントで投稿した内容に、持病を抱える人などから批判が殺到している。

 石垣氏は以下のように投稿した。

「総理といえども『働く人』。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します。

 が、『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます」(原文ママ、以下同)

 この投稿に対して、持病を持つ人などから批判が殺到。28日午後7時半現在、1万件のコメントがあり、賛意を示す意見もあるものの、大半が以下のような批判の声で埋め尽くされている。

「難病持ちの方へのヘイトですか」

「難病や持病を持っている人は役職に就くな!働くな!ってことですか!差別発言を許さない!!!」

「貴女が仮に病気で職を辞するしか無くなった時、同じ言葉を送る事にしましょう。絶対に許せない言葉です」

「幼少期に血液疾患で死にかけ、持ち直したものの輸血起因で肝臓癌発症の可能性を抱えつつ生活のために働いてますが、『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』なる言い回しは首相のみならず疾病を抱えて生きている全ての人に対する冒涜であると思いますがね。人間性を疑うし軽蔑しますわ」

「自民党はブラック職場」とも批判

 上記のような「病気を持つ人に対する差別ではないのか」との指摘とは別に、「こんな発言があるからブラック企業があるのですよ」という批判もあり、石垣氏はそれに対して以下のように反論したため、「論点ずらしではないのか」などとさらに批判を招いている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ