「コロナ禍でタワマンの価値下落」という“嘘”…マンション価格は下がらないという現実の画像1
「Getty Images」より

 いつ終わるともわからない脅威を見せている、新型コロナウイルスの感染拡大。その影響による経済への打撃はリーマンショック以上ともいわれており、こうした影響が不動産業界にも及んでいるとする指摘も多い。事実、賃貸契約のキャンセルや相談件数の減少はコロナ禍以前に比べてかなり顕著になっているようだ。

 しかし、都心や駅近に多く立ち並ぶ高級タワーマンションは、こうした状況でも価格を下げることなく沈黙を貫いているという。そこにはどういった理由が隠されているというのだろう。今回は、不動産コンサルタントで『災害に強い住宅選び』(さくら事務所との共著、日本経済新聞出版)の著者、長嶋修氏に話を聞いた。

不動産業界は新型コロナの影響をほぼ受けていない?

 まず、今回のコロナ危機が不動産業界全体に及ぼしている影響について長嶋氏は言う。

「実は、“タワマンや一般居住用のマンションはコロナの影響をほぼ受けていない”“長期的な目線でいえば大きな変化はない”と言っていいと思います。というのも、実際のところコロナ禍の影響をもろに受けているのはホテルやデパートといった、インバウンド消費の影響が如実に出る商業施設がほとんどだからです」(長嶋氏)

 そこには、住宅市場が抱える潜在的な強さが関係しているという。

「確かに短期的な目線でいえば、3月時点での賃貸・持ち家の売買数は半減しています。これを指して“投げ売りが起こるぞ!”なんて騒ぐ向きもあったようですが、これはコロナ禍による事態の様子見でそうなっていただけです。人はどうしたって家に住まざるを得ないので、不動産業界でも居住用住宅の賃貸は変動が起きづらいものなんです」(同)

市場の需要と供給…タワマンの価格が下がらない理由

 では、タワマン市場も同様に大きな変動はないのだろうか。昨年の豪雨災害でのタワマン設備の不備などもあり、人気に陰りが出ているとする声もあるが……。

「正直なところ、そういった記事が出たり、そういった論調の声があがったりするのは、“タワマンを叩くと注目が集まるから”なのではないかなと感じています。例えば、豪雨被害で電気室が浸水してしまった武蔵小杉のタワマンがよく取り沙汰されますが、普通のマンションでも電気の配電盤などが1階にあるケースは多いですし、タワマンだけが問題というのは間違いなわけです。人気が陰ったのも、いわゆるこうした風評被害で多少取引が鈍っただけで、致命的な変動は起きていません。

関連記事