NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

加藤綾子も林田理沙も、音大卒からアナウンサーに…多様化する音大生の就職事情

文=篠崎靖男/指揮者
加藤綾子も林田理沙も、音大卒からアナウンサーに…多様化する音大生の就職事情の画像1
「Getty Images」より

 元フジテレビのアナウンサーで、現在はフリーとして、夕方のニュース番組『Live News it!』(フジテレビ系)のメインキャスターとして活躍している加藤綾子アナウンサーは、日本を代表する音楽大学のひとつである国立音楽大学音楽教育学科を卒業し、中学・高校の音楽の教員免許を持っている珍しいアナウンサーです。幼少期からピアノを習い、声楽や三味線まで勉強したとのことで、声に美しさと張りを持たれているのは、そんな経歴があるからでしょう。

 そういえば、人気番組『ブラタモリ』(NHK)で、絶対音感を持ったアシスタントとして、タモリさんの前でピアノも見事に弾きこなし、現在は『首都圏ネットワーク』(NHK)のメインキャスターを務めている林田理沙アナウンサーも、東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程を修了という、音楽の経歴としてもずば抜けているアナウンサーです。

 音楽大学とは、音楽家の修業という徒弟制度を、なんとか組み入れている大学です。とはいっても、大学1、2年時は一般大学の教養課程と同じく数学や英語、理科、社会、体育までも履修しますし、そうでなくては大学として文科省は認可してくれません。しかし、同時に音楽理論を勉強したり、音を聴きとるトレーニングはもちろん、一番大切な師匠のレッスンでは、毎週必ずマンツーマンでしごかれます。師匠といっても、必ずしも教授や准教授に師事するわけではなく、自分に合った師匠に教わります。むしろ、習いたい師匠がいることが、大学選びの基本ともなります。その結果として実力が向上すれば、それでいいというのが音大生なのです。そもそも、希少な楽器を専攻した場合、非常勤講師しかいない場合も多々あります。

 そんな音大生の卒業後は、大学のレベルにより就職活動に違いが出る一般大学とは違い、あくまでも本人の実力勝負です。たとえば、オーケストラに入りたいと思ってオーディションを受けに行ったとしても、出身大学はまったく関係なく、平等に“音”だけで判断されます。以前、僕が常任指揮者を務めていた日本のオーケストラで、有名音楽大学出身者がひしめくオーディションのなかで唯一参加していた一般大学生が見事に合格したことがありました。もちろん、一般大学に通いながらも懸命に練習し、専門家のレッスンを受け続けてきた優秀な方でしたが、異色な存在とはいえ、音楽は実力勝負だということがよくわかります。

 ちなみに、高校や大学を出ようが出まいが、もっといえば大学在学中であっても、オーディションで認められさえすればオーケストラに入団は可能です。僕の友人のトランペット奏者などは、大学4年時にはオーケストラで活動しながら、音楽大学に通っていたそうです。