千葉の某アミューズメントパーク、契約社員に勤務継続希望なら収入は半年で22万円の画像1
Gettyimagesより

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う景気後退で、雇用環境が急速に悪化している。厚生労働省の集計によると、9月23日時点でのコロナ関連の解雇と雇い止めは計6万439人。8月31日から9月23日までの23日間で、約1万人増えたことになり、1日平均では約500人が解雇されていることになる。同期間の1日あたりの新規感染者は9月11日の680人が最高、同月15日の301人が最低で、おおよそ500人前後のラインを推移している。日々の失業者が新規感染者と並ぶ事態に達しつつある。

 共同通信は24日、記事『コロナ解雇・雇い止め、6万人超 増加スピード速まる、厚労省集計』を配信した。同記事によると、「解雇や雇い止めは5月21日に1万人を、6月4日に2万人を超えた。それ以降は1カ月前後で1万人のペースで増加していた。経済停滞が長期化し、企業が持ちこたえられず解雇や雇い止めにつながった可能性もある。産業別では製造業、宿泊業、飲食業、小売業、労働者派遣業の順に多かった」という。

「Go To」奏功なら解雇者は増えないはずだが……

 政府の鳴り物入りで7月22日から始まった「Go To トラベル」は大手旅行代理店をはじめ、「奏功しつつある」との感触を示していた。奏功しているのなら、解雇者は増加しないのではないか。

 栃木県内の旅館の契約社員の40代男性は先月末、契約更新の打ち切りを通達されたという。

「たしかに、Go Toでお客さんは来ました。有識者や旅行代理店の経営者が誇るように、仕組みとして宿泊業者のみならず交通事業者、土産物製造者、生産者すべてにお金が回るのは理解できます。しかし、問題は資金還流のスピードなのです。直接、旅館に支払われるのであれば、話は別でした。

 私は経営に携わっているわけではないので、どこがボトルネックになっているのかわかりませんが、少なくともキャンペーンで払われたはずの代金は我々の元には届いている感覚はありません。経営側は雇用調整助成金もフル活用していたと思いますが、キャンペーンで回収する利益を待たずに会社の体力が尽きたようです。

 何とか生き残れると信じて、最低賃金ギリギリの給与であってもキャンペーンで降って湧いた繁忙期をがんばり抜きましたが、その結果がこれです」

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事