NEW
玉村麻衣子「簡単なのにあか抜ける『キレイの近道』」

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物

文=玉村麻衣子/美眉アドバイザー

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像1

 外出時にマスクをするのが当たり前のようになった今。マスクをすることで鼻や口が隠れ、目元の印象が顔の印象を左右するといっても過言ではありません。それゆえに、いつも以上に眉メイクには気をつけたいところ。

 そこで今回は、マスク姿を残念に見せてしまうNG眉メイクを4つご紹介します。

NG1:眉下ラインがぼやけている

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像2

 眉の下ラインがぼやけていると、眉全体がボサボサに見えてしまいます。マスクをすると眉下のラインのボサボサ感がより目立つようになり、メイクが崩れているように見えることも。眉下のラインはある程度際立たせたほうが目力もアップするのでおすすめです。

 眉下のラインがぼやけていると感じたら、細芯のアイブロウペンシルを使用し、軽いタッチでサッサッと下ラインを描き足すとよいです。

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像3

NG2:眉頭の高さが左右異なる

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像4

 左右の眉頭の高さが異なると、眉全体が左右でちぐはぐに見えやすくなります。マスクと眉は近い位置にあるため、マスク上部のラインとの対比で高さの違いがより際立ってしまいます。

 眉頭の高さが異なった場合、気に入っているほうの眉に合わせる形で、不要な部分はカットしたり、足りない部分は描き足したりして左右の高さを合わせます。

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像5

 描き足すときはアイブロウペンシル、アイブロウパウダー、リキッドアイブロウ、どれでもOK。描いた眉が消えやすい人はアイブロウペンシルやリキッドアイブロウがおすすめ。眉の内から外に向かって放射線状に描き足します。

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像5

 自然に仕上げたい人はアイブロウパウダーがおすすめです。毛先が細めのアイブロウブラシを使用し、眉頭から眉尻に向かってブラシを動かしながら足りない部分にアイブロウパウダーをのせます。

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像7

 どのアイテムを使っても、眉頭は“描いたら必ずスクリューブラシでぼかす”ことが大切です。スクリューブラシを床と平行になるように持ち、鼻側に向かって数回ぼかすと自然に仕上がります。力加減は歯磨きをするときよりやや弱いくらい。「ぼかそうとしたら描いた眉が消えてしまった…」という場合は、また描き足してぼかす工程を繰り返すとよいです。

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像8

 眉頭の高さが左右そろっていると、眉全体のバランスがよく見えます。マスク着用時は特に眉頭の高さを意識してみてください。

NG3:眉尻がボサッと太い

マスク顔を残念に見せてしまう“4つのNG眉メイク”…眉下ぼやけ、眉尻ボサッは禁物の画像9

 マスクをしていないときは、多少眉尻が太くてもラフな雰囲気に見せることができますが、マスク着用時は要注意。マスクの上ラインはシャープなものが多いため、マスクとの対比でより眉尻の太さがより際立ち、眉がボサボサに見えたり、お手入れ不足に見えたりしてしまうことも。マスクはクリーンなイメージが強いアイテムのため、眉尻はキュッと細めに仕上げたほうがスッキリ清潔に見せることができます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合