草津町長室で性的行為疑惑、訴えた女性議員解職…町議会、住民投票の選挙活動に町民を動員の画像1
草津町公式サイトより

 群馬県草津町議会新井祥子議員が「町長室で黒岩信忠町長と性的な行為をした」と主張する電子書籍に端を発した同町の醜聞は、新井氏の議員失職にまで発展した。事実無根の立場を主張する町長とそれを支持する町議たちと、新井氏の確執は依然として深まるばかりだ。

 12月6日、同町は新井氏に対する解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票を実施。即日開票の結果、有効投票の過半数が賛成したためだ。一連の動きに、インターネット上では賛否両論の議論が巻き起こっている。Twitter上では7日午前、「#草津温泉には行かない」がトレンド入り。「性被害を訴えた女性町議が職を失うのは悲惨すぎる」という主張が相次いだ一方、「セクハラは許せないことだが、証拠もなく何でも告発さえすればいいといい風潮はよくない」「旅館運営者には関係のない風評被害だ」などとの反論も多くみられた。一方、果てしない議論の中で町民からは「どっちもうんざり」との嘆きも聞かれる。

「町長の名誉と草津温泉のブランドは無関係」

 新井氏は昨年12月、町議会で自身が出版した書籍内容に言及したことで除名処分を受けたが、県へ不服申し立てをした結果、県は今年8月に処分を取り消した。ところが、県の対応を不服とする町議らが新井氏の解職を求めて署名活動を行い、有権者数の3分の1を上回ったため、草津町選挙管理委員会は11月16日に住民投票を告示していた。今回の住民投票に関して、同町の温泉旅館従業員女性は次のように嘆息する。

「もう忘れていた人も多いんじゃないですか。正直、もう住民投票とかやらなくていいのに。ただでさえ、新型コロナウイルス感染症の影響でお客さんは来ないのに、こんな形でまた注目を集めたらいっそうお客さんが来なくなりますよ。

 正直、“町長の名誉”とか“町議会の名誉”とか我々の生活とまったく関係ありません。草津の温泉の泉質やサービスのクオリティーは、あの人たちと関係ないからです。ただ、議会と深く結びついているうちのホテルをはじめ、観光業の経営者層に強く働きかけが行われた結果、“選挙活動”には動員させられました。具体的には新井氏の解職に賛成することを促すビラの添付や配布作業など、本来であればやらなくていい仕事を無償でやらされました。うんざりです」

不必要に全国の注目を集める町長と議会に冷めた目をする住民

 7日付読売新聞インターネット版の記事『「町長室で性交渉した」と発言の女性町議、リコール成立し失職』によると、「『解職を求める会』代表の黒岩卓・町議会議長(71)は『客観的物証もなく、草津のブランド価値を傷つけた。町民の心の叫びで、当然の結果だ』と語った」とあった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合