NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

「脱・知識偏重教育」「教えない教育」の罠…若者の知識不足→思考力劣化が深刻

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

「脱・知識偏重教育」「教えない教育」の罠…若者の知識不足→思考力劣化が深刻の画像1
「Getty Images」より

 先の読めない変動の激しい時代になり、これからは発想力を鍛えなければならないと言われる。そのためには従来のように知識を吸収するような学び方ではダメだとして、「脱・知識偏重」を掲げて教育改革が進められている。

 だが、今の若者は果たして知識偏重の教育を受けてきたのだろうか。教育現場にいると、むしろ知識の乏しさを感じざるを得ない。さらに言えば、知識は発想を妨げるだろうか。むしろ知識の豊かさが発想を後押しするのではないだろうか。

 もしそうなら、今の子どもたちは見当違いな教育を受けていることになってしまう。

教育現場にみられる知識軽視の教育

 知識を伝授するような授業はもう古い。これからは学習者が能動的・主体的に学ぶように促さなければならない。だから教師は授業で教えるという姿勢を取ってはいけない。そのような議論もしばしば耳にする。

「脱・知識偏重教育」「教えない教育」の罠…若者の知識不足→思考力劣化が深刻の画像2
『教育現場は困ってる』(榎本博明/平凡社新書)

 ある大学でのことだ。教育学の教員が、「自分は何も教えない。君たちが勝手に学ぶんだ」と言って、授業で毎回雑談ばかりしている。あんな授業に出ても意味がない、授業とまったく関係ない雑談ばかりだ。そんな苦情を学生たちが口にした。

 別の大学でも似たようなことを経験した。やはり教育学の教員が、授業が始まるとその日のテーマを黒板に書き、学生たちはすぐに教室を出て60分間図書館で過ごし、文献を探したり読んだりして、その日のテーマに関連した簡単なメモを作成し、教室に戻り、最後の15分で何人かが指名されて発表する。学生たちは、先生は授業中も研究室で寛いでいるし、手抜きだ、これでは自習と同じで、授業料払う意味がない、と文句を言っていた。

 どちらの教員も、「教える授業はもう時代遅れだ」というような発言をしていたので、けっして悪気があるわけではなく、最先端の授業を自ら実践しているつもりだったのだろう。

 知識や理論を教えると受動的な学習になってしまう、能動的な学習にするには教えてはいけない。そのように言われることがあり、それを真に受けて「教えない教育」に徹する教員もいるわけだが、それは能動的な学びということを取り違えているのではないか。

 心理学者の市川伸一も、「教えない教育」の弊害について指摘している。学習相談室にやってくる生徒たちの悩みで最も多いのが「授業がわからない」というものだが、その理由が「教えない教育」にあるという。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合