NEW

モス、寒い時期にこそ食べたい5品…わずか186kcal、驚異的低カロリーなテリヤキ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
モス、寒い時期にこそ食べたい5品…わずか186kcal、驚異的低カロリーなテリヤキの画像1
モスバーガーの店舗

 多くの人に親しまれているハンバーガーチェーン店・モスバーガー。ハンバーガーという食べ物がまだ国内で浸透していなかった時代から商品開発に着手し、モスバーガーが1号店を出店したのは1972年である。

 それから半世紀近くの時が経ち、今では国内で1266店舗(2020年10月末時点)を展開するビッグチェーン店に成長。新型コロナウイルスの影響もあり、今年度上半期(2020年4~9月)の連結決算では売上高が前年同期比1.6%減となっているが、それでも約336億円と立派な数字を叩き出している。それだけ根強いファンがいる証左だろう。

 さて、そんなモスバーガーの魅力的なメニューのなかから、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が選出した「この冬、買うべきモスバーガーのメニュー5選」を紹介していこう。

とびきりチーズ~北海道産ゴーダチーズ使用~/408円(税別、以下同)

モス、寒い時期にこそ食べたい5品…わずか186kcal、驚異的低カロリーなテリヤキの画像2

 初めに紹介するのは、「とびきりハンバーグサンド」シリーズから「とびきりチーズ~北海道産ゴーダチーズ使用~」。「とびきりハンバーグサンド」シリーズは2008年に誕生し、”ボリュームたっぷり&食べ応えがある”といった賞賛の声も多い、人気シリーズだ。

 10年以上の歴史があるシリーズのなかでも本商品は何回かリニューアルされており、たび重なる味の改良によって不動の人気を得ているように思う。原材料を見てみると、使用しているハンバーグは100%国産の牛肉・豚肉。さらに北海道産ゴーダチーズとオニオンスライスを挟み、国産丸大豆醤油を用いた和風ソースを使用しているとのこと。SNSなどの口コミでは「チーズがトロトロ」「和風ソースが絶妙にマッチしている」と評判が高い。

 実食してみると、チーズのまろやかさが口全体に広がり、チーズ好きにはたまらない味わい。コクのある和風ソースの風味も、国産ハンバーグやオニオンスライスと相性が良い。冬の寒い時期にこそ食べたくなるボリューム感で、”買うべき”おすすめの商品だ。

モスライスバーガー焼肉/362円

モス、寒い時期にこそ食べたい5品…わずか186kcal、驚異的低カロリーなテリヤキの画像3

 次に紹介するのは「モスライスバーガー焼肉」。牛バラ肉を使った焼肉がサンドされた「モスライスバーガー」シリーズの逸品である。もともと、シリーズの着想は”主食である米を使って何か商品化できないか”というところから始まったそう。そして、焼きおにぎりをヒントに1987年に誕生し、現在まで続くロングセラーシリーズとなっているのだ。

「モスライスバーガー焼肉」の特徴は、醤油を塗ったライスプレートと、濃厚で甘辛いたれがたっぷり染みこんだ牛バラ肉。さらにシャキシャキのレタスも加えた全体の相性が抜群だと絶賛するファンも多い。醤油ベースのたれは、おろし玉ねぎやしょうがペースト、おろしにんにくなどが加えられているそうだ。

 実際に食べてみると、牛バラ肉の味つけがしっかりしていて、ライスプレートと一緒に食べることでとても食が進む。そして食べ応えもある。通常のハンバーガーでは味わうことができない、ライスバーガーならではの良さが詰まっている逸品といえるだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合