NEW
草野かおる「災害に備える!」

昨年・台風19号で浸水した多摩川周囲、「旧河道」だった…水害・地震に弱く宅地に不適

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】

, ,

昨年・台風19号で浸水した多摩川周囲、「旧河道」だった…水害・地震に弱く宅地に不適の画像1
武蔵小杉

土地や家を買うとき、「水害リスク」考えてますか?

「土地を購入するつもりだけど、水害が心配なんだよね。購入するとき、不動産業者から水害リスクの説明ってあるのかな?」

 友人から、こんな質問を受けたことがあります。以前であれば、「よっぽど親切な不動産業者であれば別だけど、水害リスクに関する説明は、たぶんないよ」と、答えていました。もし今、同じ質問を受けるとすれば、答えは、「説明はあるはず、水害リスクの説明義務があるからね」と言います。

 2020年8月28日より、取引対象物件の所在地について「水害ハザードマップにおける水害リスク」の説明をすることが義務化されました。これは、近年の大規模水災害の頻発で、不動産取引においても、水害リスクの情報が重要な要素となっていることの証ですね。

 19年の台風19号では、人口が密集する東京・神奈川の多摩川周辺が氾濫したのを覚えていますか? オシャレな街、二子玉川駅周辺は泥水に浸かり、再開発によってタワーマンションの街に変貌した武蔵小杉にも、浸水被害が出ました。47階建てのタワーマンションでは、浸水被害から、断水、停電、トイレもエレベーターも使えないという状態が、1週間以上も続きました。

 これらは、多摩川の堤防が決壊したわけではく、支流の氾濫と排水しきれない水の氾濫による浸水でした。最新の都市での“まさかの浸水被害”でした。多摩川周辺は、自然豊かで都心にも近く、子育てするにもいい、魅力的な環境です。しかし、そこには思わぬ落とし穴が潜んでいました。

 ハザードマップを見ると、多摩川の周囲は、想定される浸水が2階の天井まで届く5メートル超えの赤い色で埋め尽くされています(自治体によっては青色の濃さで浸水の深さを示す場合もあります)。その真っ赤な地域ほど、新築マンションや戸建てが多くなっています。

 ハザードマップで示す赤い地域は、昔は畑が広がり、河が氾濫する場所として、地元の人は家を建てない場所でした。時代は移り、多摩川は整備され、昔の洪水の記憶も薄れていきました。経済発展に伴い、首都圏へ通う人々のベッドタウンとして、注目されるのには時間がかかりませんでした。

昨年・台風19号で浸水した多摩川周囲、「旧河道」だった…水害・地震に弱く宅地に不適の画像2
トイレ排水

ハザードマップだけではわからない、土地のリスク

 そして、注意すべき点がもうひとつあります。台風19号で浸水した地域(多摩川周辺)のほとんどに、かつての河が流れていたことを示す「旧河道」と呼ばれる地形が含まれていたことがわかりました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合